PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パレンケからカンペチェまでのバスの中から 続きです。。。

tua2_20090312094953.jpg

誰かが揺り起こす。。。  誰だ~??
ここは何処?? 状況がわからないで ボ~っと していると
また誰かが肩をつかんで揺する 次に目に飛び込んできたのは。。。。。 軍服!?
keikan.jpg
何が起こった??  軍服の男は 俺の顔をのぞき込み 「○×△……」 ??
あ。。。 また検問だ  時計を見ると夜中2時  フラフラとバスを降りると  げっそり
そこは灯光器で照らされた 即席の検問ステーションだった。 
バスの荷物庫から取り出したザックを持って チェックの列に並ぶ。
やめてくれ~~~眠い~~~ これ以上 苛めないで~~ 

片端からザックから取り出され 調べられた後は 【ハイ!自分で片付けてバスに乗れ!】って?
「ご協力 感謝します」くらい言え!  むかー
と ライフルを持った兵隊に文句を言える度胸はまったく無い   泣き

とぼとぼとバスに戻り シートに収まるとバスは何事も無かったかのように走り出した 
今日は目に涙をためて寝ることにしよう   zzzzzzzz

Zzzz zzz ユサユサ!!  又起こされた。。 今度の敵は??  なんだ運転手か。。。  
バスは夜中の3時すぎカンペチェのターミナルに到着したので 運転手が起こしてくれたのだ。

他の乗客はこのままメリダに向かうようでスヤスヤ寝ている zzz...
眠い!!!!  げっそり   まあしょうがない 自分で選んだルートだ。。

tua3_20090312095225.jpg

カウンターに向かい ウシュマル行きのチケットを購入しようとしたところ係員に 
昼前までは1等バスが無いので 2等ターミナルに移動して 朝発のある2等バスをすすめられた。

そうかそうか! では2等ターミナルに移動だ! で 何処?2等ターミナルは??
「え~~そんな遠いの~~~!?無理!」 きゃー! 歩けない...
夜中に街中をそんな距離歩くなんて。。。犯罪募集中!!って背中に書いて歩いていくようなもんだ
チョ~弱気な私は そそくさとTAXIの人となった!

tua4_20090312100416.jpg  tua6_20090312103735.jpg
 TAXI M$35(US$2.5) 安いよね~
 
人気の無い街中を10分 到着したターミナルは 一等ターミナルと違って古臭い感じがする建物で その周辺も夜中に歩き回りたくないような場所だった。

さっそくAM6:00発のSUL(ADO系列の2等バス会社) パレンケ>ウシュマル 
M$90(US$6.5 さすが2等バス安!)を購入して だらだらとターミナルで出発を待つ 
ターミナルでは幾度となく 胡散臭い薄汚れたオヤジが寄ってきては
なんだかんだと話しかけられる   いい迷惑だ酔っ払いめ!うーむ…

tua12.jpg

ウシュマルまでは2等バスで3時間 2等にトイレは無いのでトイレに行ってからバスに乗り込んだ。

tua7_20090312104212.jpg 軍人さんも乗ってた

それにしても良く停まる 2等バスは街中でも何処でも 手を上げれば乗れるバスなのだ
乗客が入れ替わり立ち代り乗降を繰り返し なかなかスピードが上がらない 
しまいには 運転手が道端にバスを停めて 露店で買い食いするし  うーむ… 自由だな~

結局40分以上遅れて ウシュマルへの分岐点にバスは到着
tua8_20090312104647.jpg
このバスはウシュマルのゲートをくぐらないで 分岐点の道に乗客を降ろすのだ。
そのため 歩いて10分ほどゲートまで強い日差しの中を歩いていくしかない だり~~~~よげっそり

ウシュマル遺跡は ツェツェン・イッツアと共に 有名な遺跡なので説明は割愛!
ただ とても交通の便が悪い所にあるので 人が少なくのんびり出来る所です。

tua9_20090312104927.jpg
ゲートでは無料で荷物を預かってくれる。   入園料  M$ 111 (US$8)

tua10_20090312110233.jpg tua11.jpg

 

                                                   次の記事へ                  ユカタン半島の旅TOPへ      前の記事へ
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/334-ba2d2b11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT