PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大菩薩峠は、山梨県甲州市塩山上萩原(旧塩山市)と北都留郡小菅村鞍部の境にある
峠(標高1,897m)で、この峠から稜線を北へ辿れば大菩薩嶺がある。
今回は奥多摩側 小菅の日向沢口からアプローチして大菩薩嶺を目指したのだが。。。 うーむ…

DAI.jpg 
(↑火曜のフルコンバ)

休みの関係で 平日にフィールドに出るのだが 前日前々日と仕事が立て込み バテていたので
WBC(日本vs キューバ)でも見てゆっくり寝ていようと思ったのだが。。
日本が勝った! (わ~い!)   にっこり  興奮!!
そんな こんなで 寝ているのも勿体なくなって 急遽荷造りして山に行くことにした。
(今日 韓国にまけて悲しい。。。)

当初は少し遠くの山を考えていたのだが 用意も整ってないので比較的近い大菩薩に
目的を決め 車に6本爪アイゼンを積んで昼に自宅を出発

途中 幾度と無く渋滞にはまり 小菅の林道終点駐車場に到着したのは3時半
山の用意をして登りだしたのは 午後4時少し前とずいぶん遅くなってしまった。

大菩薩に行こうと決めた時は 初日に日向沢口から大菩薩峠を抜け福ちゃん荘でテン泊
次の日は大菩薩嶺を通って日向沢口に戻る予定だったのだが すでに時間の余裕は無し!

持参したテントも 去年購入してから使っていないVango F10 Helium 100なので
余裕を持って 幕営地に着いておきたかったのだが・・・・・・・

ノーメダワとの分岐を午後5時前に通過 晴天と言う天気予報とは違って 空はどんよりしている。
暗くなるのも早そうなので 無理せずフルコンバでテントを張ることにした。

気持ちも決まったのでスピードを落とし ストックのテストをしながらゆっくり進む。
今回 初使用のアルカーボンストック(2本 395g)

しっかりストックを突いたり 引きずったり…サイズを長くしたり短くしたり…  
十分使用に耐えそうだ
st.jpg

軽いのが良い! 振り出しの感じも良い! 耐久性の疑問は残るが とりあえず合格!

5時半前に到着したフルコンバは所々に残雪が残り地面は水を含んだ状態だったが
少し高くなったところに一畳ほど乾いた場所があったので ここにテントを張ることにした。

DAI3.jpg (写真1)

水場が下にあるらしいのだが雪がどっかり残っている 最近は誰も行って無いようなので踏み後も無い 
一様この状況を予想して水を4Lほど担いで来ておいて 良かったようだ にっこり

DAI2.jpg
 (Vango Helium 100の感想は別の機会に)
少々設営に戸惑ってテントを張り 荷を解いて周りを見渡すと すでに夜の帳が降りている
ヒラソルガスストーブをテントの中で使ってラーメンを作り 持参したおにぎりとラーメンで夕食にした。

DAI4.jpg

雪上キャンプの可能性も考慮してヒラソルも持って来ておいて良かった~~
@ 夜 風の強い雪上でアルコールストーブを使いたくない軟弱ハイカーなのです
  ついでに リッジレストの他にエバニューの折りたたみマット120cmも持参
  寒いの嫌だから2重で使おうともくろんでいたのだ。(運搬は楽勝!上写真1)

7時過ぎたころから が強くなってきてテントを激しく揺さぶる
(この風は朝方まで続いた)
さあ今日はバーボン飲んで早めに寝よう。

                                             次の記事へ
スポンサーサイト

| ☆山行  | 15:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

2バーナーとは!

なんとも贅沢な台所事情?!(笑)

寒い時期、アルコールのほうが強い、と考えていましたが
ヒラソルガスストーブのほうを、最後に選んで使った。

火力だけでなく、風に耐えるか?も大事なこと。メモしときます(爆)

この続き、早く読みたいです

| JSB | 2009/03/19 00:45 | URI | ≫ EDIT

No title

(T_T) え~ 私の行く山じゃ ガスで十分ですって~!
だってアルコールストーブはテントの中では怖いでしょ!
特に小さなテントの中&狭い全室でアルコールなんて使えないけど
懐に入れて活動しているガスは直ぐに全開!
燃え出したら 風防に半分入れれば小さいカートリッジは
熱を奪われないで ちゃんと供給してくれますよ。

| Vagabund | 2009/03/19 08:55 | URI | ≫ EDIT

冬場の分離式ガスストーブ

JSBも、里山ぐらいしか出かけないが
イソプロブタンガス・40gを圧入したボンベを
シェイクしながら使ったり、ポット側面にニアミスさせたりして
非公式ながら、熱帰還のバランスとりをやっている(笑)

なるほど!チビ瓦斯ボンベならではの気転ですね! 

懐刀よりも、懐ガス    

”我守”のほうが情景としては、適切かもしれない?(爆笑)

厳冬期での、ガスストーブ使用参照例、ビヨンドさんのサイトです↓
http://beyondx.exblog.jp/10594908/       

| JSB | 2009/03/19 18:37 | URI | ≫ EDIT

No title

ビヨンドさんの液出しの記事拝見しました。
あれでも燃えるのが凄い! さすがメーカー製です

疑問はブタンだけの燃料の場合 氷点下での点火時は上手く燃えてくれるのか? 
(タンクを冷やしてしまった時) 
やっぱり 濡れない 冷やさない努力が必要でしょうね!?

なんにしても 低温時はイソブタンを配合したガスが良いと思います。

| Vagabund | 2009/03/20 12:26 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/337-39a11996

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。