PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Kn3.jpg

改造 Test  失敗 を繰り返して 研究は進んでいます
 但し WBCに多大な精神力を奪われ 何もやる気が無かった ここ数日ではありますが。。
      おめでとう そしてありがとう SAMURAI JAPAN  !!! 泣き 

前回 未公表だった所ですが ↓ このような部品が付きます。

Kn1.jpg
(ほとんどの部品は熱伝導の良い アルミで出来ていて ネジだけステンレスです)

つまり このパーツを使って KaoStoveのPowerを3段階で調整する計画なのです   にっこり 

ステップ 1 何も付けないで燃焼。

Kn2.jpg  ステップ 2 アルミ付き ネジだけ

Kn.jpg  ステップ 3 アルミ板付き

燃焼はこんな感じ ↓  

Kn01.jpg Kn02.jpg

やはり今までの実験結果どおり 熱を捕まえる部分が多くなるほど火力が上がります
これにおまけで アルミ円板を追加すると  ↓ Max Power!
    Kn03.jpg 結構な火力になります

アルミの円板がストーブの熱を受けながら 傷みがそれほど見られないのは それだけ熱を
ストーブ本体に受け渡しているからでしょう!

ふふふ。。。。 また少し 進んだかな?  Kao Stove Project  きゃー!
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 16:15 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

円板を取り付ける 高さ

それによっても、火力が変化しました
そこで、コレットチャックのような仕組みの円板を作れないか?
と考えています。もっと簡単なロックでも、いいんですけど
たとえば
スプリング機能の部分だけを炎の外側に位置させる、とか(痛)
トングのような形をイメージしています

あっ言っちゃった(笑)
ボトムまで落すと、熱帰還が最小で
最大高さに持ち上げると、Maxになる仕組み
外し易い→無くしやすい、理屈となりますですので
トップに割りピン穴でOK かな
ネジを増やすと、MSR vs スノピのオバカサン になってしまうものなぁ
ネジ=メンテが必要、必須工具を無くす、ネジ部品が脱落、出先で入手不可、など
自転車で走っていた頃、出先でトラブったものなぁ(苦笑)

拙作の、”V+wave stand ”  
あれの外側にボンベも固定したら程好く ガスボンベ倒さずに、保温も出来そう!?
風を防ぎながら、安全な加熱も実行出来る、三位一体化のプロジェクト発進!

(NHKTV番組プロジェクトXの見過ぎだな、まとまりそうもないが、、、苦笑)

| JSB | 2009/03/25 19:12 | URI | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/03/26 08:30 | URI |

No title

確かに 紛失というのはついて回る問題ですね。
この構造の簡単さをとるか?? 少し複雑にしてもこれを避けるか?

このように熱をストーブに戻す場合問題になるのは接合部の熱伝導性です
ネジを使うと圧着が簡単で 高熱回収率が期待でき その結果その素材が痛む事も防止できます
しかし複雑にしてしまったりすると 熱伝導が落ちてしまわないか?
耐久性が落ちるのではないか?? そんな気もします。

小さな部品なので この中で熱伝導性を確保することが出来るか??ですね。

| Vagabund | 2009/03/26 15:00 | URI | ≫ EDIT

No title

なんとなくですが、、、
トランギアのようなオープンタイプよりも、こういったタイプの方が燃費良く感じるのですが、どんなもんでしょう?

| はっぱ | 2009/03/26 23:49 | URI | ≫ EDIT

苦労ズド・タイプ

と呼ぶぐらいですから、、、、作るのは困難でも
熱効率が断然高いです!
熱帰還の効率も同様です、戻りすぎてしまうほどです(熱暴走)

バカブンドさんの今回の機種を拝見していて
やはり コレだ!と感じています(マジです)

弱加圧式であるなら、途中給油も可能なようですので
この様式が本命、殿堂入り、になりそうな気配です

郷に入っては、Go に従え (噴出音でもありますね)
ということわざは、正しいかった(笑)

従来の加圧式ストーブの難点:RUN途中での給油
  不可能を可能にした、その業績は素晴らしいです
しかも単独使用も可能な点も、現地での便利さを予想させます

接続部分の熱伝導を良くする:前向きに自助努力しています(苦笑)

| JSB | 2009/03/27 00:38 | URI | ≫ EDIT

総ネジ+ダブルナット形式

大きな平円板をダブルナットのようにしたら、工具要らずになる?
topには割りピンを差すことで、紛失防止策

一枚でなく、あえて2枚に増やす事で、熱吸収をUPして
2枚存在することで、任意の高さ&固定を得やすい

★ダブルナットの締め付け効果と2倍吸熱を同時に得られる

実際には、数回使えば適当な位置が決まってしまい
プリセットになってしまうだろうけど、ね(笑)

それは それで、ケセラセラ ♪
天秤座バルブギアにダブルナット形式・採用しようと考えているんです(爆笑)

| JSB | 2009/03/27 00:49 | URI | ≫ EDIT

No title

はっぱさん こんにちは~~~~(^v^)

燃費に関しては 分離式は凄く有利だと思いますよ!
気温 水温などに左右される 必要熱量(アルコール量)をある程度調整できますから!

また本体サイズが小さいから立ち上がり(余熱)までの時間は同じでも
使用燃料は少ないはずです。

反対にめんどくさがりさんには 不向きですね。
だから疲れている時にも どうなのかな??
こんなタイプのストーブは楽しんで使える余裕がある人向きかもしれませんね。

もう少し受熱棒のデータを取ったら少量オークションか何かで安く売ってみたいと思っています
世界初v-10分離加圧型アルコールストーブ どんな評価でしょうね??

| Vagabund | 2009/03/27 09:14 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん 考えることは同じですね~

>大きな平円板をダブルナットのようにしたら、工具要らずになる?
これを考えています ただこの場合 柱(ネジ)はアルミネジを使うと 
ネジとしての耐久性に疑問が生まれるので真鍮を考えています。
あ~あ 言っちゃった。。。(笑)

また逆流防止弁を取り入れて もう少し噴射圧を上げたら(噴出孔を減らす)
ガスストーブに近い炎にならないかと 思案中。。。

先は長いですよ~~~~

| Vagabund | 2009/03/27 09:24 | URI | ≫ EDIT

二枚舌(笑)

2枚とも同じもの、それもいいのですが
下側は、小穴を開けて上側への炎を通気させたほうが一段と有効
と思っています

このアイディアは、”ヘラ鮒釣りの仕掛け”から思い付きました
(一時期ちょっと遊んだ程度ですが)
アレの場合は、上がバラケ餌付けて、下で食わせる(爆)
コレの場合は、下の穴で魅せて誘惑して、、、、誰かさんが、採用する!

こちらの場合には
、下側で吸熱しながらも、上側にも受け流す。2枚で、ヒートコンデンサーの機能を果たす!
空調技術者でないので、各部品のサイズなどのパラメーターは
気合いだ!気合いだ!気合いだ!    で実験するしかないですが(苦笑)

| JSB | 2009/03/27 10:26 | URI | ≫ EDIT

No title

2枚同じの というのは狙っていません 下は指で回せるぐらいのメネジかな?
というのも 今回のアルミ円板でも 受熱しすぎの感じがします
アルコールがすぐなくなる割には 対象物を効率よく沸かせない。。
これはPOTとのバランスもあると思うのですが 
(円板を外すと同じアルコール量で沸騰させられます)

もしかして あの部品だけで火力調節するのは
有効範囲が少ないのかもしれない??

燃料に水を途中添加したほうが 楽かもしれませんね~ 

| Vagabund | 2009/03/27 14:55 | URI | ≫ EDIT

No title

円盤のみならず、ヒゲを装着すると効きますよ。
拙作ヲヤヂストーブも見てやって下さい。

| ULG | 2009/03/27 18:37 | URI |

No title

ULGさん こんにちは コメありがとうございます!
ヒゲ見ましたよ~~  吸熱凄そうですよね
今回の物は小型で すでに吸熱力がオーバーな感じがするので
ヒゲをつけると すげ~ファイヤーじゃないかな??

本体が小さいと軽くコンパクトになる反面 熱による影響に敏感になり
火力調整の範囲が狭いかもしれません 。。

まあ 使い方次第ですので 遊びの延長にいいものが出来たらと思っていま~す!!

| Vagabund | 2009/03/28 08:59 | URI | ≫ EDIT

わっ、見つかっちゃった(笑)

ULGさん、こんばんわ!
あちらのblog、自転車の話題だったので、コメントが出揃うまで、しばらく見守っていました
JSBは、輪行特集記事をニューサイクリング誌、サイスポ誌などで、その昔、書いていました
セミプロは、いま、顔出してはいかんのかなぁ、と(爆)

さて、ULG氏のオヤジストーブ、あれは完全密封式なので
缶内圧力の上昇カーブが こちらとは 別世界と感じています(苦笑)

あまり加圧しすぎると、現状でも給油穴から、逆噴射しやすいほど だそうです
一週間ほど先を突っ走っているバカブンドさんの弱加圧式stoveでは

メネジ付き円板一枚と、手締め用のナットの組み合わせぐらいが適当かも

| JSB | 2009/03/29 01:18 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/342-bc81760d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT