PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Peru(13)
マチュピチュから戻り 1~2時間睡眠をとって食事に出る事にした。 
とりあえずろくに食べてないので、少し食べなくちゃ・・  
通りに出てアルマス広場に向かって下っていくと いろいろなお店の客引きから声がかかる。     
何処の世界でも同じだが ガラガラのお店・繁盛している店。 
とりあえず雰囲気を見ながら歩いてみる。 
ホテルマチュピチュインのガラス張りレストランには日本人観光客の一団が食事しているのが見えた。
ここだけこの街から浮いてしまっているな・・
この中だけ 日本のホテルの宴会場みたい(~_~メ)
ガラス張りで中が見えるだけに なんか哀しい・・・彼ら隔離してしまっている感じだしね。
街中ではまったくと言っていいほど日本人を見ないのだが 
居るところには固まって沢山いる(@_@)、
他国にもそのようなツアーはあるはずなのだが、
このようにこれほど多数で食事している姿を見かけない。
彼らは 彼らなりに楽しんでいるのだろうけど いろいろな人との触れ合いというのを楽しむことに関しては損しているように思える・・・ 
安心と引き換えにそれでも良いと思って旅行しているのだろうけど・・ね。
また他国の人にもそのように見えるようで、少し奇異な感じを受けるらしい 残念なことだ。
坂を下りきって以前から気になっていたレストランAIKOを探してみた(祖父が日本人で 
鉄道建設にも関与したそうだ)
場所は昔の駅のホームだというので探すが見つからない。雨も降り出してきた薬局のオバサンに聞くともっと外れだと教えてくれたので行ってみると確かにあったが、誰も客はなくウェイトレスがダラダラ座っていた。
んん・・なんかな・・すると座っていたウェイトレスに見つかって呼び込みを受けてしまった。
外は雨だし一人ポツリと食事する気分じゃないので今回はゴメンネ・ゴメンネと退散した。 
こんな時はにぎやかなお店が良い!
agua.jpg
 
先ほど客でにぎわっていたお店Puebio Viejoに戻ることにした。
アルマス広場から少し坂を登った所にあるこの店は中央に暖炉があり良い雰囲気である。
少し高そうだけどせっかくだから良いかな? 
などと考えていると入り口付近に今日の朝ホテルEL Albergueの食堂でお会いした方々が居るのが判ったのでそのまま店内に入った。
チャージs/4.5だがサラダとデザートは食べ放題!
とりあえず変わったメニューも無いのでピザとビール! 
何処もそうだが本当に量が多い(~_~) 一番小さなピザでも充分!  
彼らとマチュピチュの感想を話し合った。こんな時の会話は楽である、
まったく別の話題もでるはずも無く、素晴らしい!
と言うことのオンパレード!!会話の内容が予測つくので会話はなんとなく成り立つ! 
残念なことに朝の列車でクスコに戻るらしいので 明日はご一緒できないようだ。 
いい感じに酔って来て、ペルーのお酒ピスコサワーを追加。       
この後レストランにフォルクローレバンドが入って南米に居て食事をしていると言った雰囲気が盛り上がってきた!!
普通ならこのままどんどん飲んでしまうのだが高山病も恐いし、
少しの量でもアルコールが回る(>0<)のでアルコールはこれで打ち止め!  
バンドは店に居る客を上手く盛り立て何名かが踊りだしたりしていた(≧∇≦)~~*。
残念なことにこれには参加しませんでしたが(音楽センス忘れて生まれてきたので)
充分楽しませてもらいました(^0_0^)。
食後彼らとは これからの旅行の無時を祈って別れた。料金はS/36 楽しい夜でした!
(高山病予防は 水分の摂取とアルコールを控えることだと言う) 

    マチュピチュまでの道TOPへ          次の記事へ
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/35-26f969c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT