PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

笠取山から唐松尾山歩き 続き

kasaa.jpg

40分ほど食事&Testをした後 体が冷えてきたので 出発することにした。

尾根道に戻り 進んで行くが なかなか唐松尾山に到達しない 地図ではそろそろなんだが??
結局途中で通り過ぎた木々に囲まれた三角点のあったポイントが唐松尾山だったようだ。

三角点から少し進むと道は尾根からそれ 中腹を進むようになった
もはや ぐずぐずの雪の中に鹿の足跡だけが付いているトレイルだ。

山の神土を11時10分通過  将監小屋には11時30分に到着してしまった。。。。早すぎ げっそり

kasaa1.jpg

将監小屋のテン場は整備が行き届き 非常に良さそうな場所なのだが 
誰も居ない場所に今からテントを張るには早すぎる。。。(目的が幕営ならいいが今回は違うしね)
今回は水だけ汲んで そのまま歩いて三ノ瀬まで下ることにした。

将監小屋から三ノ瀬までは未舗装だが車道が通っているので その道をだらだら下ることになった
(一般車両の通行不可)  

結局 1時間後に三ノ瀬の登山口入り口に到着し 車道を車まで20分かけて歩いて帰ることにした。

kasaa2.jpg  ←中川橋口

中川橋口になんとか3~4台置けそうだが  橋の手前には大きな空き地があり ここにも駐車が
可能です。



kasa4.jpg
 
自作アルカーボンストック 今回も活躍してくれました。 雪に突っ込んだ状態でこじったり
岩に打ちつけてしまったり。。(すべて不可抗力げっそり )でしたが 特に問題は無いようです。
基のになったストックのクッションやら伸縮も問題なく機能しているし 使えるストックが出来たようです。
強いてあげれば 一本の手元のカッティングシートが剥がれ手元近くがアルミ色になったぐらいかな。
これからも使っていけそうなので これはこれで完成です!

サブメッシュバック これも問題はまったく無いです にっこり

SUBBAG11.jpg

結局金具など使わないでザック自体に縛り付けることで固定しました。
今回は わざと沢山詰め込んでみましたが 何の問題も起きなかったですしね。

また 前回書き忘れましたが これ単体でも スナップザックのように使えるので
テントを張った後 登頂する場合など これに荷物を詰めていけると思います。
(湯沸しSET 風防類 水500cc 雨具 1回分の食料 )ぐらいは問題なく収納できます。

                              笠取山から唐松尾山歩き 1
スポンサーサイト

| ☆山行  | 12:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/352-8db8c269

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT