PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ターボーさんのブログに パイロメックスと言う なんともありがたい製品の紹介があった。
瞬間耐熱1300度(連続使用時 250℃)に耐えるノンアスベストの布で ストーブ用品にはうってつけ!

詳しく調べてみるとこの素材は 溶接時のノロ受けなどに使うスパッタシートと呼ばれる物らしい

そこで今度は目先を変えて スパッタシート関連を調べてみると カーボンフェルトと言うのも見つかった
私はターボーさんと違ってシートにしたり ストーブの下に引く用途でなく POTカバーにしたかったので
こちらの方が都合が良いみたい!  

さっそく↓購入して 速攻対応部門? エエ顔 がカーボンPOTカバーを製作してみました 

cabo.jpg

トラスコ中山(TRUSCO) スパッタシートカーボンフェルトタイプ
●厚さ:2.8mm ●瞬間耐熱:1300℃(連続使用:250℃) ●重量㎡:360g

銀盤POT用カバー(←過去記事) 用途は保温具&ハンドルです。

cabo1.jpg ←  こんなかんじ~

このカーボンフェルトカバーの重量は 11gと軽量なのでとっても はくしゅのアレ GOOD! 
(ついでに JSBさんの記事を参考に 缶の開口部をもっとスリム化してあります。)

cabo2.jpg

このカバーをかけたまま 自宅のコンロ(細口)でお湯を沸かしてみましたが
カーボンフェルトに変化はまったく無し!

沸騰したお湯で満たされたPOTを すぐに素手でを持つことも出来ました 風呂

保温性も望めるので これほど良い素材は無いのではないでしょうか??

ターボーさん JSBさん 情報提供ありがとうございました!!



・・・・・・ あっ 判っちゃいます? POTの写真 何か隠してるの むっ
                        もう少しお待ちを… 新型の 発表しますから!! ぷぷ

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 12:27 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

スパッタシート

元の業種の時代に、同業の300社に配布したことがありました。
重かった印象と、ゴツイけど、耐熱性がバッチシ!
だったことは今でも記憶に残っています。
あの系統のブツは、使えます。
緒元を精査して選ぶと、最適な柔軟性、比重量などを得られるはずです

  ☆ 新しい素材で包まれた・新型ポットに期待をしています ☆

いずれにしても、、、、

ネオプレンを着込んで、一丁前の顔をしている JETぼいる の間抜け顔!
それは、お水系の ドレスじゃろうが!
ダイビングスーツと同じ素材だ、火で炙れば、即メルトダウンになりやすい

アイスクリームの天麩羅みたいなものさ、がはははは

     しつこい・JSB、爆

| JSB | 2009/04/16 14:52 | URI | ≫ EDIT

カーボンフェルト、すごいなぁ!!

やはり写真がまともに見れると、一段と、魅力的なグッズと納得できます
本気で、すばらしいものを見つけましたね
しかも、商品名まで。
これは独占せずに良いものは広めようとする、フェアプレイの表れです!
とても感心しています。

ネオプレンは、ライターの火で炙ったぐらいで、融ける。
本気で火器には酷使できなかったものなぁ
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
事のついでに、某国製の 駿速BOIL
http://www.alink.com.hk/alpine_pot.htm
ウォンが下落した頃は、5000円以下で現地購入できたそうです(笑)
被覆材料については、期待していませんけど(爆)

| JSB | 2009/04/19 01:58 | URI | ≫ EDIT

No title

ええええ、わずか 10gで、
宿敵:ネオプレーン を軽く超越出来た。
こんなに 素晴らしい機能性を確保できたのですか?

それは快挙です!快挙!快挙!

なんか もう、ついにやったなぁ!という気分になります

知り合いの同好者のバカブンドさんの手柄ですよ。嬉しさがビシバシとこちらまで伝わって来ました

  いま夜業から、戻ったばかりで、ボーッとした頭ですが(苦笑)

ひとこと、お礼が伝えたかった 感激しています(ウルウル) 

             あ、ありがとう!(涙)

| JSB | 2009/04/21 02:43 | URI | ≫ EDIT

No title

あぁ、、、11gの間違いでしたね (爆)

| JSB | 2009/04/21 02:45 | URI | ≫ EDIT

カーボンフェルト

つまり、其れを敷いて、アルコールをしみこませると
すなわち、ウルトラローダウンな、ストーブにも使える!!!
高さは、ほんの数mm程度でOK

ズバリだろう?    がはははは!
JSBも、先に実験してみたかったよ、とほほ
まぁそれはそれとして、、、、

コップ敷き:ストーブ
瞬間耐熱1300度までイケルという、カーボンフェルトの旨味が
バリバリに大活躍の様相でしゅね、はははは

世界を席捲してほしいよ。新たな手法を駆使して
頑張ってください、希望の星!此処に在り

| JSB | 2009/04/21 03:02 | URI | ≫ EDIT

No title

やっぱりそう考えます?? ですよね~  でもアルコールは少し休憩ですので お許しを~~

| Vagabund | 2009/04/21 11:40 | URI | ≫ EDIT

小生も、購入(笑)

かなり期待出来そうなので、、、慌てて購入を決意して

ポチッと、良運を感謝しながら (爆)

いつもながら、買い物ガイド、大変お世話になっています!

接着方法なども、参考にしたいです、あははは

| JSB | 2009/04/23 01:19 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん おはようございます カーボンフェルトは接着はしていません。
木綿の糸で目を詰めて(あまり大きく縫い目が出ないように)縫ってすっぽり嵌めています。

フェルト生地の為わずかながら伸びるのでフィットしますよ。

またこれを被せる素材自体がすべる場合は 耐熱塗装をしてみてください
うまく塗装表面のザラツキ? がフェルト生地に絡み付いてすっぽ抜けるのを防止してくれます。

| Vagabund | 2009/04/23 08:54 | URI | ≫ EDIT

No title

>接着していないって?
うわぁ!”放熱用シリコーン”大量に投入してしまったよ(苦笑)

ご指摘のように、つるつる感が残る!
耐熱塗料を塗布してみようかな?
でも、普通に持ち上げるぐらいでは、落っこちないので
今後の実験体勢も、変化しそうなので、塗布作業は留保します(爆)

着火と同時に、全開に立ち上がる燃え方も
アルストのトロカッた、沸騰時間を大きく短縮してくれます!!
風防に応用する実験も、成功しました。いいなぁ、コレ!

| JSB | 2009/04/29 12:28 | URI | ≫ EDIT

うわ~

この素材いいですね~
興味深々です
少々お値段が張るのと大量購入がネックで手が出し難いのが難点ですが・・・・
面白いもの見つけてきますね、さすがですわっ!

| 食う寝るさんだ~す | 2009/12/01 07:45 | URI | ≫ EDIT

No title

食う寝るさん これはJSBさんのご努力で アルコールストーブ界に広まりました
ついにはUSAのガレージも目をつけ 使い出した。。。。

実用新案だったかな~(笑) CFはさすがに高いですよね こんな要らないもんね。

今なかなか手に入らない素材 買うには大きい素材 (輸入 or 業務販売用)
を切り売りできるよう HP作ってます。

とりあえず上げちゃうか ある程度物をそろえるか???
CFはCOZY用に余分ありますから 必要なら言ってくださいネ。
(A4サイズで出すつもりです)

| Vagabund | 2009/12/01 08:59 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/359-3c964132

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT