PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

   KARE2.jpg カレーが食いたい。。。

どうも家庭で作る普通のカレーと言うのは好きでなくて 自分が作る時はタイカレーやら
キーマカレーやら を作ってしまう  絵文字名を入力してください

ところが!外で食べると普通のカレーが特別美味しく感じる ボンカレーなんかも本当美味しい チュッ 

しかし。。。。 重いんだな~ これが。。。  ボンカレーは重量が120gもあるのです!!
それじゃ いかんだろ! 数グラムの荷物減量に励んでいるのに それじゃ!! むかー

そこでMLV最高幹部企画会議で 食料部門に新しいミッションがオーダーされた!
【軽く!素早く食べられる カレーを作るのだ!!】

そして会議から2週間 初めての試作がここに発表されたのです。

KARE3.jpg

材料 (1人前には少々多いと思います)
@ 乾燥マッシュポテト 15~20g
@ ビーフジャーキー   6g~  (ダイソーにもありますよ~)
@ 粉末ガラスープ 本だし 少々
@ ママー早ゆでサラダクルクル 100g
@ 粉末カレールー(こんなの) 20g~ 通常の物を砕いてもOK!
@ カレーパウダー少々 (風味を追加します)
@ ジプロック 3枚

まず ダシ?風味が出るように ビーフジャーキーを細かく切ります!6g 

KARE4.jpg

ジプロックの一つに A @ビーフジャーキー @乾燥マッシュ @ガラスープ 本だし 
もう一つに B @カレー粉@カレーパウダーを入れます 
そしてもう一つに C @ママー早ゆでサラダクルクルを入れます
このとき ママー早ゆでサラダクルクルは砕いて クスクスのようにするのがお勧めです!

KARE5.jpg

↑ これが一食分 軽くてコンパクト! これで持ち運びましょう!!

作り方
1・400ccのお湯を沸かして 沸騰する前に少量のお湯をAに入れてコネコネします
  (引き続き お湯が沸騰するまでコンロにかけておきましょう)
  ここでちゃんとマッシュポテト(↓左) を作らないとザラツキます 

KARE6.jpg

2・出来たマッシュにBのカレールーを混ぜ またコネコネ ↑右 

KARE7.jpg

3・沸かしたお湯をCの早ゆでサラダクルクルにヒタヒタ より少し大目に入れ
  残りを先ほど作ったカレー&マッシュに入れて保温効果のある物に包みます
  (万能コジー&ランチョンマットを使いました)

4・早ゆでクルクルの表記時間の倍くらい蒸します(沸かすのでなくて保温で作るので長く放置します)

 KARE8.jpg (皿に盛ってみました)

KARE1.jpg

味 マッシュポテトでトロミをつけているのですが このイモの味が 普通のカレーより強く出てしまいます  
(まあ問題ないですけど・・)
またマッシュポテトの色 白が強いのでカレーの色が薄くなります! 色が濃く辛いカレールーを
選んだほうがいいと思います。

上記のレシピ量で作ると 写真のように結構な量のカレーライス?が出来ます 
総量120gで良いかもしれません。

@煮込むと言う行為と野菜 (特にタマネギ)が入っていないので 変わりにダシを使いました
 (鶏ガラ 本だし)
 本だしはカツオダシですが スリランカでは鰹節(モルディブフィッシュ)をカレーに入れます
 そのため これに入れてみましたが 乾燥シイタケとか コンソメも良いでしょうね。  

@追加するカレーパウダーを少し炒ってから袋詰めしても良いと思います??

今後も もう少し材料の改良を続けたいと思いますにっこり  カレープロジェクトでした!!

当記事は 美味しさを保障するのもではありません 軽さと速さは 保障しますけど。。。。 エエ顔

                                ホントバカだな~~~  ぷぷ
 
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:21 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

サラサラカレーが好きです。
マッシュ無しだとフツーのカレーの色になりますかね?
自分で確かめろ!はっ わかりました。

| somtam | 2009/04/26 21:43 | URI |

JSB

ヨーグルトをトッピングして食べます

辛さが和らぎ、美味さが増す!と信じています(笑)

激辛も、スープカレーにも、、弱いなぁ

いわゆる、カレーらしい色合いのものが好きです (爆)

でもさ、蕎麦屋のカレーは、出汁が別物で、あれはあれで旨く感じるよね

| JSB | 2009/05/05 22:27 | URI | ≫ EDIT

JSB

以前、帝国ホテルのコックさんから訊いた話ですが

珈琲好きには、其れを

関東勢には、お醤油 とか、人によっては 隠し味にちょっぴり入れる、のだとか

呑んだときの、よた話なので、信じる!

   とまでは、行かないのかもしれないが (笑)

慣れ親しんだ古い記憶を揺さぶられると嬉しくかんじるもの

DNAレベルで、素直に ピンポーン!となるのは、頷けるでしょう

| JSB | 2009/05/05 22:37 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/363-3378c6f7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT