PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BOU.jpg

お湯は沸くんですが  暴君なんです こやつ!

BOU1.jpg

確かに 火力調整も出来るんですけどね うーむ…  もう少し手なずけないと ちょっと親不孝しそうで。。。怖い

続けて研究っす!
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 11:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

カーボンフェルトを被せて!炎を押さえ込んだら

このままの良さを、活かせるかも知れない

ガス、だろうが、アルコールだろうが、研究に境界は存在しない

体験から獲得出来た、勘と、ノウハウが、開発最前線では、最も頼りになる

まずは、最強火力を出して、、、、、それから、落ち着かせればいけば、いいんだ~

ダメなら、時々は、水に沈めて 加工硬化してしまった、パイプを、なます 

誰かが言っていたっけ

諦めない、諦めないうちは、まだ失敗では、無いのだ! と (苦笑)

 一時的な 休戦  はあるけど さ

気化させて燃やす燃料を、液体でコントロールすること

それ自体がプロでさえ、難しいのに

ましてや、暇と自前の予算だけで実験をやっているんだもの

何か一つでも、進歩があるだけで、凄いことなのです!(爆)

あせらず、方向を見失わず、飽きずに、、、、

市場流通品の、遥かなる先を駆け抜けていく 快感を味わいましょう!!
 ご一緒に、そして、
        パクリられるようなら、本物だぁ、、、
よろしく!

| JSB | 2009/05/29 21:06 | URI | ≫ EDIT

Re: No title

こんばんわ! じつはカーボンフェルトが鍵じゃないかと。。
ひそかに思っています!!!

あの暴君を今のところ連続燃焼させてくれてるのは カーボンフェルトなんです
(使い方が いまいちですが。。。)

そこから生まれる技術 それが新しい未来を切り開ければ良いですね!

| Vagabund | 2009/05/29 22:31 | URI |

No title

この種の趣味は、ともすると、目立たない

(何処が!という突っ込み待っています ぜ、がははは)

なぁに、、、数年後には、一般レベルも、先見の明に気付いて、流行とかいうヤツになるんだわ

マスコミとか 雑誌など、メディアも、遅れた船に乗ってくる
その頃には、もう玄人は其処に居ず
ガイドとかいう、インタプリターが先人の知恵を、面白く、話しを伝えているだけ(笑)

個燃だって、本気で完全燃焼させると、青く燃える高温環境を作り出す。
その気持ちがあるなら、現在の3倍の空気を
強制的にぶち込んで、回転燃焼させねば、と

燃料が煤などになっている、哀れな現状を憂うJSBです(笑)
個燃=簡易的、補助燃焼、たかが固まり! 燃える量を案分しやすい、、、、
燃えているコークスの中央に、圧縮空気を吹き込むと、高温になり、鉄さえも熔解する!
火種のコークスの替わりに、1300℃まで瞬間は耐える、CFを使い
メルトダウンの限界点まで加熱してみたい。

浄水器やエアービーム・シェルターで、手動ポンプを使うなら
ストーブにも拡大適応も、、、、視野に入るわけです(笑)



| JSB | 2009/05/30 00:51 | URI | ≫ EDIT

No title

手動ポンプですか!?  ほ~~~ ニヤリ
ちょっと違うかもしれませんが その辺次作では弄ってますよ!

CFもKaoも新しい領域を広げてくれると思っています
世界に発信出来るSTOVE 作りましょう(デカイ!)

http://mola.naturum.ne.jp/e729657.html#comments
↑ご存知でしょうか??  SOMTANさんのSTOVEですが
簡単なのに 使いやすい これ 凄くありません??
皿にKao 丸めてボトルキャップかぶせるだけ  
これである程度の気化促進 加圧やれちゃいます 
私的には 凄く好みです!!

| Vagabund | 2009/05/30 08:23 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/381-daf4304d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT