PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少し前に 【こんな部品作ってます】 なんてのUPさせていただきましたが 素性を明かします!
 ↓
TOCYUBjpg.jpg

実はこの部品なんです!

TANCYUBU.jpg

あ。。ぷぷ  お気づきでした??  え~っ? スミマセン 説明させてくださいませ。。

一番上の部品を キャップを外したパウチ飲料タンクに差し込みます
次に キャップ中央に3mmの穴を開けこれで中に挟まったOリングを締めて密閉します。

TANCYUBU1.jpg

アルミパイプで作ったバルブでシリコンチューブを挟み込みます。

使い方 
1.アルコールを入れたパウチパックを立てて持ち バルブを開放する
2.口を使って 一杯まで空気をパウチパックに充填する (風船のようになります)
3.バルブを閉めて風船状態にタンク(パウチパック)を保持します
4.噴出圧力を強くするため & 長く噴出するためにゴムバンドをつけます
  (写真の物は プラスチック金具を使ったゴムバンドですが 普通の幅広ゴムの方が良いと思います)
5.バルブのネジ調整で噴出量の調整をしてアルコールを噴出します

問題点
 アルコールを入れ 膨らませて圧力をかけた状態でほっておいた所 パウチに痛みが見られます
 (写真2 に写っているように 少なからず表面がボコボコしてくる)
 2週間めの写真ですが 最初の変化は2日目で現れたので 長年使えないと思います
 まあ どんどん新しい物に変えれば良いのですけどね にっこり


                       これを使って さあどうなるかな~~~ 続く

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 14:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パウチボトルのキャップ

あれっ、キャップと100円ライターのバルブをうまく組み合わせたもの、かなと
想像を膨らませていたのに、ちょっと残念

あ、もう既に次のバージョンアップの加工に入っているのかなぁ?
接着剤が乾燥するのを待っているだけ、かな

耐久性
ご紹介していただいた、カーボンフェルトだって、実際には、何回まで使える物か?疑問点もあります
 ULとか、SULの領域にまで、踏み込むと、、、、、ザック、靴、トレッキングポール、その他、も
  タフなものから、、、、痛みながらも、何処まで酷使に耐えるのか?に変化していくようです。

 ロードレーサーの決戦用タイヤ(1時間で2万円が消えていった、痛)
  アレほど、痛みが早く無いなら、、、許容します(苦笑)
     JSBの基準では
   火器本体の重さは、1オンス以内(マジンガーゼット・ストーブは、越えています、、汗)
   30日間、使えるものなら、、、許容します。 取替えが簡単なら、10日間でも OK。
 
    T氏が、約300kmのトレイルを12日間ぐらいで、踏破した実績を考慮すると、、、
     軽さと故障無しが、大切! 出来るだけ、分解を避けて、紛失する部品を減らすこと
      万一、故障の場合に応急修理が可能なこと(凍男の火器が嫌いな理由でもある、笑)

ゴムは、アルコールによって膨潤現象を起こす。と納得ずくならば
100円ライターのバルブパーツを送ります、が、、、

ΔV :ごく少量をコントロール出来る、バルブの性能が要求される必須な部品です、よね(苦笑)
給油管自体を、潰す手法は、良いと思っています。万一でも、燃料漏れ故障が起きにくい

明日が、楽しみだなぁ   と遠くを見る目に、、、
   (たった一つの部品に左右される、もどかしさ。共感しています よ)
       
   
   

| JSB | 2009/06/03 23:37 | URI | ≫ EDIT

加圧の方法

いちばん簡素な加圧の手法ですが
  平たいものを乗せて、その上から、
  プラティパスなどの水筒や、近い物を乗せる のはいかがでしょうか?

写真のバルブ機構
JSBも去年、ガスストーブのときに、バルブを探して苦労しました
ΔVのコントロールは、思っていた以上に、とても困難です
リップルが発生しやすく、その波動が炎や火力に影響してきます


| JSB | 2009/06/04 15:20 | URI | ≫ EDIT

No title

どもども JSBさん
私の工作は こんなもんですって~~!

でバルブですが 実は問題はそこじゃないんです!
一番の問題は あ。。。やばv-10 しゃべっちゃうとこでした

ウソウソ。。 問題は加熱した後の加圧したガスの引き戻しと噴射のバランス
ガスストーブと同じ噴射はとてもとても。。 1mmでも負けます
それプラスあれやこれや。。。
一度燃やすのはいいけど 一度冷ましてからもう一度となると 上手く燃えない  とか。。(理由は判りました)
 あ~~~やっぱりむずかしいのかな~

| Vagabund | 2009/06/04 17:27 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/385-5e005ef2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT