PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

SCO.jpg

ハァ ハァ ハァ。。。。。がびーん やっ やっと出来ました・・・ 新作
液出し アルコールストーブ です。

『なんか簡単ジャン!?』  な~んて言ったあなた!指 大変だったんだかんね~~ ウルウル 泣き顔
じゃあ完全か?と言われると   シュミマシェン 顔文字1(背景黒用) まだ 完成度が。。。。


では気を取り直して説明をば。。。 


構造は簡単 先日公表したパウチパックから送り出されたアルコールはシリコンチューブを通って
↑写真 右側からSTOVEに入ります まずアルコールは導入管を通り気化室に入り 気化したガスは
下に移動 ここからはガスストーブと同じように サイドに空けた穴から空気を取り込み 噴射室に移動
方向を上向きに変えたガスは気化室を温める形で燃焼します。


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
ここから先 技術的にややこしく 文章下手な私には中々上手く説明が出来ていません!
メンドクサイ方 飛ばしちゃってください マセマセ
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ここからは これが難しい言い訳を。。 絵文字名を入力してください
気化室に入ったアルコールは気化するわけですが その時アルコールは突沸を起こします『小爆発的に)
これによって液体のアルコールは波動を起こしてしまいます (製作当初は これで断念)

これを抑えることを可能にしたのはKaoWool Stoveで覚えた技術です!
【アルコールを耐燃製の物質に浸み込ませて気化させると突沸はある程度抑えられる!】  
これを今回はKaoWooの変わりに カーボンフェルトで行っています!

しかし次の問題がすぐ起きます 急に体積を増したアルコールガスは燃焼室方向だけに圧力をかける
訳ではなく タンク方面にもこの圧力が作用するのです。
これが起きると アルコールの浸入を阻害して燃焼力を落としてしまうのです。

(つまり噴射圧力を上回る圧力をタンク側にかけなくてはいけないと言うこと)
これがそうたやすくないのです  がーン
私には燃焼室に噴射するガスの圧力をある程度下る ことによってしか解決方法が思い浮かばない。

結果 噴射圧を下げ 尚且つ多量のアルコールガスを供給するためにガスストーブでは
0.2mmと言う極細噴射穴を使う所を これは1.8mmと言う大穴にしました
 泣き

アルコールゆえ完全燃焼してくれますが 大きな穴は空気を多量にガスに混入させるのには不向きで
この噴出部によって作られた炎は ガスストーブ(バグワームSTOVE)などより高く立ち上ってしまいます。

泣き顔  他にも グジグジグジグジ。。。。 と沢山ありますが まあここら辺で。。。説明終了


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
↑ここまでメンドクサイ

重量は???
SCO1.jpg 本体 14g

SCO2.jpg パウチタンク&バルブ&ホース 19g

では 動画です!

YOUTUBE がいろんな事やるので HQ表示に最初からするの諦めましたm(__)m
ブロードバンド速度が許される方は 画面下枠 HQ をクリックして高画質で見てくださいね!

                        

                今の所 こんなかんじで~す!  
                                          続く。。。かな??                 





スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:36 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

垂直設置のボールバルブは、どうでしょうか

>タンク方面にもこの圧力が作用するのです。
これが起きると アルコールの浸入を阻害して,,,

あっ、その対策方法はありますよ!(にやっ)

既に、、2ストのエンジンチェーンソーなどに使われている、燃料供給装置には
3次元のあらゆる角度になっても、安定した一定量の燃料を送り出す必要があります
そこで、X,Y,Z,の方向ごとに、バルブを設けて、マルチ対応しています

ユネスコの、アフリカ向け開発された灯油ストーブにも、これが付いています
棚の高いところへ、タンクを置き、自然落下で供給していますが
流量安定のため、もあり、ボールバルブが付属していますよ

基本的な機能は、垂直で下から上に向かう給油路の途中に、ワンウェイ・ボールバルブを設けます
通常、重さ(バネ)により、ボールは蟻地獄の底へ落ちています。つまり閉鎖しています
燃料が消費されると、、、、、(途中略)、、、、、

燃料がボールを押し上げてストーブへと、流れていきます。2次側から圧力が掛かると
ボールはその重さで、蟻地獄の中心へ沈んで、、、、燃料経路を絶ちます。

キーポイント:垂直設置の、ボールバルブを給油経路に設けること! 1個でOKと思います。

    Why?     ストーブを、火が付いたまま、振り回さないからね(爆笑)

いまでは、チェーンソーのバルブも、さらに進化していると思いますけど。機能は同じはず!

ps
どうでしょうか?この解説は?

JSBの最新作  、マンホール・ストーブ  みやび  に近づいたのでしょうか (笑)

| JSB | 2009/06/05 17:57 | URI | ≫ EDIT

Re: Re: Re: 垂直設置のボールバルブは、どうでしょうか

JSBさん  
ワンウェイバルブ!? 存在は知っていましたが 極小の都合のいいの製品で流用出来るのあります?
自作となると構造は考えてましたが。。。  シカ~シ それを小型に 上手く動作するように作る技術が私には無いv-12
小指サイズ しかも丁度いい圧力でバネで押し返す・・・なんて出来ましぇん v-40m

もし間違えれば。。。。それも逆流側にONになってしまったら。。
パウチパックは ☆ !!PONG!!☆   火達磨ですぜ v-12
なんか上手く作れる方法あります?? っていうか 流用できる部品あります?

それと やっぱ 高圧噴射するならタンクもアルミにしなきゃ 耐えられないだろうな~~~

| Vagabund | 2009/06/05 18:21 | URI |

oneway valve

えーと、、、ユネスコの灯油ストーブでは、バネ無しでした(笑)

垂直の段付きの長い穴:ふつうに上から途中までドリルで穴もみすると
120度ぐらいの座面が作れます。
必要なら剣先角度を、グラインダーでドリル工具を削り出す!ううう
皿もみ用の 90度ぐらいで可(爆)

上から、適度な大きさの鉄球を落とすだけ!の構造でしたよ
分解掃除もかんんたんなはずだ

ベアリングはそこらじゅうに、転がっているんでしょう?がはははは
BB弾 のは、ダメダメ (苦笑)
100円ライターに内臓されているバルブは、どうだったかな?ゴムは使いたくないし

こちらでも、探します! 
ps. 6/20頃、開けておいて下さいね、すとぶエンカイ

| JSB | 2009/06/05 23:32 | URI | ≫ EDIT

No title

え~  バルブ見直したんですけど 無理かな~~~??って
バルブが押し勝つまで燃料は補給されない。。。つまり 補給されてから気化>燃焼までのタイムラグは
凄いことになりそうです  機関車のように シュポシュポ シュポシュポ かな~って

だとしたら やっぱりタンクを耐圧にして。。。。>駄目ジャン
アルコールである意味が??? 今でさえ ガスでも良いじゃん って聞こえてきそうだしv-12 


20日ですか!  でも 私仕事が。。。どうしよう?? 後でメールのほうに連絡しますね

| Vagabund | 2009/06/06 00:22 | URI | ≫ EDIT

No title

バネ無しで、ボールが重過ぎるなら
少しずつ、傾けて行き、垂直分力を減らす(笑)
どこかで、都合よいバランスポイントが発見できると信じていますけど
希望的観測ですが、、、、バカブンドさんなら、直感で判断   できるひと ですから
うちらとは、わけが違う(笑)

| JSB | 2009/06/06 18:42 | URI | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/07 00:01 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/386-7561e3e2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT