PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

AHIRA.jpg

ガス噴射 アルコールストーブを ヒラソル似にしてみました。

想像通り 特に燃焼状態の変化無し  しかし シルエットはこちらの方がかっこいいかな!?ぷぷ

このスタイルのマイナス面は  重量は21gと 当たり前のように重くなってしまう事と
気化室の下に構造物があるため余熱がめんどくさいこと。。  げっそり
(余熱パイプの下に細長いカーボンフェルトを差込んで予熱したんですけど シンプルじゃない!?)

燃焼姿は?
AHIRA3.jpg

形が変わっても 変化無く炎が高く上がってしまうんですね~~~ ↑

AHIRA4.jpg

そのためガスとは違って 最大で燃やすとサイドから炎が立ち上がってしまう まい・ふぇいす
あんまり好きじゃないな~~こういった燃え方は・・・(普通アルコールはこれだけど)

AHIRA1.jpg

現在の MLV ラインナップ 左から アル・ヒラソル  バグワーム  ヒラソル
             只今 公表発売 していません 想像
                                         えーゴメンネ ごめんね~
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

核融合炉だって

最大火力を生み出すのは、まぁそこそこ 何とか作り出せる、が
半分の火力、四分の一火力を連続的に安定良く維持するのは
別の、制御技術が必要なんですね~

JSBが課題にしている、マンホール型CFストーブでも
やはり、1/4ぐらいの部分出力までは、絞り切れていない有り様です(痛)

世界初の(笑)?
 上下反転による、火力の可変機能も 試作してみましたが、、、、(苦笑)

大きな火、キライ! うううう

| JSB | 2009/06/08 16:50 | URI | ≫ EDIT

Re: 核融合炉だって

> 半分の火力、四分の一火力を連続的に安定良く維持するのは
> 別の、制御技術が必要なんですね~

ですね~ 今回のこれは 結構細かく調整できますが
最大出力を炎の大きさをそれほど変えないで燃やす!
(ガスバーナーのような炎)は 難しいです  多量の空気を送り込み
尚且つ バーナーヘッドから一定の距離をおき(近いとヘッドが加熱しすぎる)
さりとて あまり離れずに 一気に燃えきる v-12 これは難しいです!!!!!

| Vagabund | 2009/06/09 18:33 | URI |

逃げ口上で

仕方なく、弱火対処に  水割り を実践したら
なんと、
TSstoveさんんも、同じ手段で
彼のストーブを、手なずけている ようでした(爆笑)

あえてその内容のコメントは ***でした

新提案が見当たらない場合の、ツライ気持ちは   同感ですからね!

| JSB | 2009/06/12 02:15 | URI |

No title

水割りですか! やっぱり簡単に調整出来るし 現場での調整も出来ますからね~
やっぱり火力調整は分離式に分がありますね!!

簡単な分離式考えたんでやってみようかな~~~!

あのWelded Wireって良いですね~ 日本じゃ入手できないのかな~
USAあたりじゃ普通なんですけどね

| Vagabund | 2009/06/12 09:14 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/387-a62f8618

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT