PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

到着した甲武信ヶ岳山荘はテントどころか登山客も居ない。。。

山に行っても 人ばかりでな~ と言うあなた 『Vaganund のココ 春日 開いてますよ!』
ほ~んと 誰とも 会いませんよ!(大笑) 

道の駅から亀田林業林道まで無人! 遠くの笠取山山頂に2名(到着時無人)~ず~と無人~
甲武信ヶ岳小屋(徳さん1名)~下山時西沢渓谷まで20分のところで2名の登山客 だけ! 

いくら自然を求めても まったく人が居ないのが毎回続くと 。。。。泣き顔 さびしいじゃん・・・

さて ココから自作のオンパレード! 私にとって山は自作製品のテストの場!と言うのがメイン!
ピークハントする時間があれば 自作弄って遊んじゃう! 甲武信ヶ岳山頂も今回パス!
前回到達したし 次回この先奥秩父縦走路を繋いで行ったら また通過するしね! 
( 天気も悪いしさ・・・・・雲 雲 雲 ) 

本当に 山より自作なのである!


【テント】
今回は自作で埋め尽くすため 勿論 Ty-one を持ってきた

kobu08.jpg

Tyvekハウスラップで製作したTy-oneは重量674gのテントで 勿論メッシュやバスタブフロアーを装備している。

重量的には超軽量では無いのだが 何しろ広くて 座って作業しても十分頭周りに空間が確保されているのがお気に入り。  最近使っているVango Helium 100などでは座ってしまうとすぐ頭周りに幕体が来てしまうので圧迫感がありどうも好きになれない。

Ty-oneは テントのセンター周辺の幕が垂直に立ち上がっているので 内部空間の有効性を上げているのだろう!!

テントの次回作を考えているので 今回はその計画と比較検討するためにも都合が良いのだが・・・
改めて使ってみて このサイズが やっぱり良いな~と思った。。
(次作は ワンポールを考えていたが やっぱり2ポールに心が傾きつつあります)

(結露) シングルウォールテントにつき物の結露は今回まったくなかった。 
以前のようにテストでバンバン煮炊きなどしなかったのも一因だが 内部空間も広いのも関係しているだろう。  
Tyvekテントの場合 外気温がマイナスになら無い限り換気口は必要ないのではないだろうか?
(朝夕で 400ccのお湯2回  200ccのお湯4回 テント内で煮炊き)

(虫対策) メッシュを装備していたので 今まではそれほど気にもしなかったが 今回は違った。。。

kobu09.jpg(詰め物した状態)

南米でキャンプした時と同じくらい 虫がまとわり付き テント外では虫が耳元でうなっていた。 

テント内では メッシュがある!と思いきや 天頂部付近に小さな穴がありそこから進入してきた。
(修理しなくてはいけない!)
どうやら虫は壁に張り付くと上に上に進む習性があり その天頂部に小さな穴を発見した虫たちはそこから進入できたのだろう。  気がついてからはココに湿らせたトイレットペーパーを突っ込み進入拒否!

ただ 写真でもわかるようにメッシュの目は極々細かい物ではない。 粉のような虫が目の隙間から 侵入しテント内部 頂点部を右に左に歩いている。。。。

彼らは下に降りて来る事もなく 耳元でうならないので 無視は出来る!が。。。。むっ

さて これは対処した方がいいのだろうか?? もっと細かいものにメッシュをすれば良いのだが
制作上の問題も多々あるように思う  これは消極的ではあるが 検討課題だろう。

虫についてはもう一つ 幕が白いためそこにLEDライトの光が当たると虫のご馳走状態になってしまう!!
次回作で天頂部付近のみ内部は黒くしたらどうだろうか? (Ty-oneも塗って見るかな?)

幕にライトを当てて虫を採る場合は 黒い布だとまったく効率が悪いので Tyvekの白に対しても有効かもしれない。

はてさて 次回作は これ以上のテントを作れるだろうか???  うーむ…

kobu120.jpg (初公表? Ty-oneフィールドでの後ろ側 )

(フットプリント)

kobu11.jpg 

この前見つけたポリエチレンシート  やはり想像どうり強度があって 尚且つ離汚性が良い! 
使用後も 写真↑右のように綺麗に折りたためる。 
当分これで行こうと思うが もう少し薄い物は無いだろうか? 0.05mmか0.04mmがあれば理想的
サイズ 1m×2.1mで117gだったが このテントには少々大きい 幅を詰めて 100g以下にはなるだろう。
(試したい方 いらっしゃれば連絡ください こんなのでよければ まだありますので)

                           

              ではではでは。。。STOVEはチョッとお待ちください 少々考える所あり


                                                  次の記事へ
                     Mountain Laboratory 奥秩父縦走路 1 へ
                

スポンサーサイト

| ☆山行  | 10:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

お見事です!
天候もテストにもってこい♪雨も応援でしょうか。ウフフ

やはり白いと虫が集まりますか。
手持ちの自作キットのタープ(白)にもたしかに寄ってきましたね。
まあオレンジ系よりましかと・・・・・・

メッシュはどのようなものをお使いですか?
なかなか目の細かいものが探せないでいます。
そのうち教えてください♪

| somtam | 2009/07/19 06:29 | URI |

No title

どもどもsomtanさん 昨日新しいメッシュを入手してきました
ナイロンの極々細かい目のもので 重さは未測定。。
日暮里の生地問屋での入手なので激安です! さてこれで出来るかな~

| Vagabund | 2009/07/22 11:23 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/409-38a62757

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT