PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

        ALJPG1.jpg

4時半に起床 腹に軽く燃料を流し込み出発の準備だ  車のシートを立て 車内を座席に戻し ZOOKを荷室に収める。    すでに多くの人々が周りを通り過ぎ山に入っていくのが見受けられる 我々もせかされるように用意を済ませ5時に車を離れた。

5:30 三俣登山指導所 
目の前に蝶との分岐が見えるが ほとんどの人が蝶に向かう。 我々とは違う方向だ。
地図にも[水無・急坂が続く] と表記されているので こちら方面を敬遠する人も多いのだろう。

結構な傾斜が続く樹林帯の山道を確実に高度をかせぎながら登っていく。 普段は一人が多いので もくもくと登るのだが 今回は同行者が居る! 気がつくとずっと話しっぱなしで 樹林帯を抜け前常念手前の岩場に出ていた 一人もいいが たまには複数で登るのも良いもんだネ!

             ALJPG2.jpg

8:50 前常念
前常念の非難小屋を過ぎたあたりで チョコ や ナッツ クラッカーをほうばる。
それにしてもこのコースは人が少ない トレランの人に1人抜かれたが すれ違ったのは5名だけ!
普通の平日なんじゃ? と思うほど静かな山歩きだ

前常念を抜け 常念小屋から登ってくる道が見えてくると  色々とりどりのウェアーが見え 現実の世界に引き戻された このまま人の少ない山だったら 幸せなのに。。

山頂では 想像どうりの大混雑 でヨタヨタ人を避けながら座る場所を探す。 
『あっちが白馬。。。。甲斐駒 北岳。。。。 うっすら見えるのが富士山じゃ ふぉふぉふぉ。。。』  なぜか聞かずとも講釈してくれる人が必ず居るので 『はぁ~・・ほぅ~・・・ あれがね~』 と言っていれば全ての山の名前がわかるので助かる。

ALJPG3.jpg

目の前の穂高 槍は美しい。。。

11:30 常念小屋 テン場
さすがにこの時間にはまだテントが数張りあるのみ 作戦どうりの展開だ。
傾斜があり 自立式ではないテントを張るのには向いていないと聞いていたので早速場所確保をしてTy-ONEⅡを張ってしまおう。

        ALJPG4.jpg

今日のお宿は アルプスで張ってみたかったから勿論 Ty-ONEⅡ
テン場には続々と人が集まってくるが 立ち上げるテントはドームばかり。。
やっぱりアルプスにはドームしか居ないのか???(隣にもう一つ白いの建ってるけど・・・)
それもモンベルの割合が多いこと多いこと。。。。

Ty-ONEⅡの設営は吹くであろう風(明け方から天気が崩れるとの予報)で 地面ベタベタに
低く設営した(*注1) 

@ 初の実践投入でTy-ONEⅡの問題点 改良点 驚きがデータ蓄積できた
  これは後ほどまとめて書き残したいと思う

出発前はテント場を確保した後 大天井方面に少し歩こうと思っていたが まあゆったり話でもして過ごしましょうと 言うことになった。
小屋で2L(400円) の水を購入して ビール(500円)で乾杯! 
テント場では だらだらと横になって昼寝タイムになったが それほど眠気も無いので
本でも持って来れば良かったか… 

4:30 食事   今回は従兄弟の分も私が用意したので二人は 軽量食で空腹を満たす。
私自身 山での食事には家の食事とは正反対に全くこだわらないので 食えればOK つでに美味ければなお良いのだが 重いのだけはご勘弁をm(__)m! な人なのである。

話はそれたが まずはお手軽で安い マカロニリゾット

マ・マー 早ゆで サラダクルル】にS&B【チーズリゾットの素】 を入れたなんちゃってリゾット。
@ジブロックにクルルを100g入れ ヒタヒタに熱湯を注ぎ自作コジーに入れ 待つこと2分
 口を開いてチーズリゾットの素を投入し コネコネして待つこと2分 これでマカロニリゾットが
 出来る 美味し! (お湯が多いと スープのようになるが それもそれで良し!)

                               
朝から軽食ばかりなので ついでに ポグリラーメン乾燥具入りを食べ 食事は終わる。

   KAMI.jpg

急にあたりの温度は下がり ダウンが無いと外に出ているのは辛い。。。
集合できるテントも無いので各自 テントで酒を飲んで就寝となった。

       ALJPG5.jpg


 
                             Mountain Laboratory 常念 1へ   続く。。

注*1  
  Ty-ONE は風対策で地面ベッタリ~10cmほどまで立ち上げる高さを変えることが出来る! 
スポンサーサイト

| ☆山行  | 10:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

わくわく。詳細なレポート期待しています。
こちらは、北海道で、MLDのSupreMid張ったのですが、図体がでかく、DuoMidほど、ペグ4本でぴんと張る、、のは難しかったです。もっと多くペグを取らないとやはり駄目でしたねー。
にしても、軽くて広くて良かったです。
結露はばりばりです(^^;)。

| カワサキ | 2009/09/24 23:20 | URI | ≫ EDIT

No title

カワサキさん 物を作るのは得意なのですが 文章は へたくそで。。。大変

MLDはやっぱり軽いでしょうね~ 9番凄い!
今回のこれは軽量化と強度重視で小さくて 少し不便かもしれません
補強を減らせば(現在過剰補強かも?)もっとでっかくできるのですが。。。。

早く九番の重量で浸湿性があるものできないかな~~~?

| Vagabund | 2009/09/25 13:33 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/443-ee8aba17

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT