PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

      ZZAK.jpg

CUBEN Backpack Prototype の重さについて。。。

0.6ozと言う薄い膜でバックパックを作ったのになぜ?200gオーバーなのか??
前回書いたように 何回もの手直しにより重量の加算が起きてしまったのは確かですが
そんな問題以前に重量が重くなってしまう理由があるのです! 

     mouko.jpg

それは↑ ショルダーハーネスの重量がザックの総重量の約半分 100g以上もあるからなのです。
(チェストベルト含む)

どうもペラペラの物や 最軽量某バックパックのように靴下を詰めてクッションにする というのは。。
納得いかないんですよね。
一日10時間近く歩くのにショルダーハーネスに違和感を感じて歩くのがどうも嫌なんです。
それとも 極々薄い または軽いもので 良い物があるのだろうか?

今回のショルダーハーネスは某SHOPさんのアドバイスを一部取り入れてみた。

@肩に当たる部分にメッシュを使わない 
  強度のあるメッシュが長時間擦れるのは良くない 特に薄着(夏)の場合は問題が大きい
  水分を吸い込みやすく 雨の時過度の水分を含む可能性あり

@身体にあたる部分にシルナイロンを使わない
  シルナイロンは汗をかいて濡れると滑りやすく ストラップや背中部分には向かない

@コシがあり 張りのあるストラップ
  コシや張りがない物で長時間歩くとヨレて 細くなり 肩にダメージを与える

※ 上記の対策を考慮して 今回は 生地は通常の撥水リップストップナイロンを使い グログラン38mmとダクロンテープで張りとコシを出しました。 内部パッドはコレ!と言うものが見つからず 以前使った低反発ウレタン(コレも結構重い)を入れてあります。


前回のフィールドテストで使った所ショルダーハーネスには全く違和感 不快感を感じることなく歩ききることが出来ました。 が しかし重量軽減という観点からは もっと何か他の方法を考える必要があるかもと思います。 もしこの手の情報に強い方がいらっしゃれば ご指導願えれば助かります<(_ _)>
特に 内部に仕込むパッドの素材情報が欲しいのです。(長時間の使用に耐え 簡単にへたることが無い素材  求めています)  簡単なご意見でも結構ですので ご意見よろしくお願いします ね。

なお これらショルダーストラップ以外の事も今考え中。 Cubenで作らなくても。。。とか
あの素材では?? なんて考えています。

今の所のバックパックについての考えは 軽量化する以上使い方には十分注意し 道具を通してフィールドと対話し 足りない部分については人間がその部分を補充 道具に頼るだけでなく一緒に歩んでいこうと言うもの。 あたりまえかもしれないですけどそれを理解してこそ楽しいんではないでしょうかね?!

では次作のザックはどんなものが出来るでしょうか? 通常の袋型は出来ると思うんですが・・
やっぱりオリジナルで進みたいですね。

おっと MLVオリジナルザックが優れていると思う点を!
@収納サイズが変化でき 尚且つしっかりしたパッキングが出来る
  (マットの使い方 スタップザックの使用で内容量を劇的に変化できる)
@パックが一つの塊として確立するので背負った場合バランスが良い

問題点
@クローズセルマットが無いと本体が作れない
 → これについては大型スタッフザックを使うことにより対応を考えています。
    (この素材こそCubenでしょうね!)

ではではでは!


 今日もポチット!!

MLV FUROSHIKI COZY 通販開始 価格3150円〈送料込み) ご希望者は隠しコメントで!
          
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:08 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

>軽量化する以上使い方には十分注意し 道具を通してフィールドと対話し 足りない部分については人間がその部分を補充 道具に頼るだけでなく一緒に歩んでいこうと言うもの。

バックパック以外にも、全ての道具に言えることですよね。

| s.river side | 2009/11/24 12:12 | URI |

No title

s.river side さん その通りね すでに現在の登山を中心としたトレッキング用品は
十分すぎるほどの性能を私たちに提供してくれています。
ただ それをそれとしてただ受けているのであれば 私たちが道具を通して自然とかかわりあうには限度があり 本来もっとあるはずの楽しみが半減しているかもしれません。

何か違う方法が? もっとこうすれば?? なんて考えていれば もっともっと楽しいはずです。
今後ともそんな姿勢で 頑張っていきますので 見守っていてください!(&お互い頑張りましょう)

| Vagabund | 2009/11/24 16:41 | URI | ≫ EDIT

初めまして。

初めましてsharaと申します。

三鷹のツチヤさんの所にちょくちょく出入りしてます。 僕は仕事でカメラ担いで山に上がってます。
ゴーライトのピナクルで約30キロの道具を背負います。 色々なブランドの物を試しましたが、今の所そこに落ち着いてます。 各ブランド共色々な素材を使用していますが、長時間この重量を背負って汗をかき、ほとんどの時間背負った状態で行動していても蒸れ感も無く、また乾燥が早いのはこのゴーライトの素材では無いでしょうか? 確かに人によっては擦れるのかもしれません。 しかし、今までの経験では、体に当たる面の部分で擦れた事はありません。 どちらかと言うと擦れるよりも固すぎて痣になる事があました。(背負い過ぎかもしれませんが) まず、濡らさないより、濡れが素早く乾く物の方が良い様に思われます。 この素材ならば、新宿のオカダヤにありました。 ダクロンテープをサンドイッチする感じでしようすると、クッション性と強度共に十分ではないかと思います。 体系に合わせて作られているのならば、加重のかかる部分のみ二重で後は、薄くても問題は無い様に思います。 また、この素材で、比較的肌触りの柔らかいジャージ素材のような物もありました。 両者とも個人的にはロングハイクには良い様に思いました。 初めてなのに長々とすみません。 参考にならないかもしれませんが、何時も参考にさせて頂いてましたので、お役に立てればと思いコメントしました。

| shara | 2009/11/24 18:51 | URI |

No title

shara さんはじめまして! ありがとうございます<(_ _)> 
ゴーライトのピナクルですね 探して確認してみます

>この素材ならば、新宿のオカダヤにありました
申し訳ないですが 素材の名前わかりますでしょうか??
素材探しでは(パワーネット)でも苦労したように なかなか販売する方も理解してないので
教えていただけると その商品に到達できると思いますので!

>濡れが素早く乾く物の方が良い
同感です 濡れを内部に囲い込まない素材なら良いと思います
重量的には表皮より中のクッション材ですね 何かいい物無いでしょうかね??

>固すぎて痣になる事があました。 
これは素材が弱いとヨレて擦れる時も起きますね(HDのTさんも 私も同じ経験者です)

詳しい感想 を頂き重ね重ねありがとうございます ! 今後ともどんなことでも良いので
思いついたこと教えてくださいませ お待ちしておりま~す。

| Vagabund | 2009/11/24 19:39 | URI | ≫ EDIT

度々すいません。

 コメントしてから気がついたのですが、ゴーライトの様な素材はもう使用されてるんですね。
もう一つあるのですが、スキーで使用してる脊椎パッドの素材で、かなり肉抜きされているウレタン素材(E-VAP™よりも)をジャージ(ストレッチ素材の様な手触り)で包んである素材なのですが、コレは圧倒的に軽いです。 かなり激しく動いても切れたりせず体にフィットします。 補強が出来ればかなり使えるのではと思います。 モトクロスをやっていた友人が中身を(肉抜きされたウレタン素材)購入し、肩に当たる部分の中央を縦にカットして少し多めに幅を残して(ショルダーパッドの中央が縦に肉抜きされた感じ)ハイドレーション様のショルダーパッドにしていました。 この素材はかなりクッション性に優れていて加工しやすい様です。 見た目は桃などを保護する白いネットの様な感じですが、質感はリッジレストの様な弾力性があり、コシもそこそこあります。

| shara | 2009/11/24 20:17 | URI |

No title

 すいません両者とも名前がわかりませんが、ゴ-ライトの様な素材はオカダヤの化繊売り場多分4階のナイロン売り場(パワーネット等も置いている)所にロールでありました。単体しようも可能ではと思えるくらいの質感です。 後者は購入もとは不明ですが、プロテクター等に多く使用されているのでスキーやMTBなどを扱うお店であれば実際に触れられると思います。 素材名もそちらでわかるかもしれません。 こちらでも名前がわかれば、またコメントさせて頂きます。  

| shara | 2009/11/24 20:28 | URI |

No title

shara さん その素材良いですね~ そのような用途で使えるなら
復元性 耐久性は間違いなさそうです!
んんん 何処か入手できれば良いのですが  仔細が知りたいですね~

引き続きお付き合いして頂いて ありがとうございます(*^_^*)

| Vagabund | 2009/11/24 20:29 | URI | ≫ EDIT

No title

大分遅れてますがコメントしてみます。。。

自作で服や雑貨やバッグなどを色々作って遊んでいるものです。
私も本体はかなりペラッペラにしていますが、背面とショルダーの快適性だけは譲れないのでちゃんとしたものにしています。
ショルダーパッドの軽量は、私の経験上では、ノースフェイスのように水玉のようにポンチで穴をあけるのが、強度的にも快適性でも一番のような気がします。両サイドのみに芯が入っているタイプでは、快適にしようとすれば結構複雑で本格的な縫製が要求されます。よって結果的に重量もコストもアップ...

あと、体に触れる部分はメッシュじゃない方が私は好きです。芯入りのメッシュだと実は結構暑いし、肌に触れるとなんだか不快。それより薄手で張りのあるナイロン420dくらいの生地ですっきりさせた方が今のところ快適です(ただしかなり滑るのでチェストバンドは必須ですが!)。
ただ、ショルダーパッドの体に触れない表の側は、うっすーいメッシュとかで十分用をなします。だって触れないんだから強度もあんま関係ない。自作なんだしやぶれたら補強すればいい程度。

余談ですが、私の今使っているものは据えすぼまりのように底の前側をかなりカットして上げて作ったのですが(重量を自然に上の方に持ち上げるように...)、
これにより本体の軽量というより、感じ方の軽量化にかなり貢献しています。
これが、ほんとに軽い!(く感じる!)
据わりが悪いのが難点ですのでこれから改善していこうと思ってます。。。
良かったら試してみてください☆

| 自作バンザイ | 2010/04/28 10:10 | URI |

No title

自作バンザイさん
コメントありがとうございます!  ほんとザックは色々考えることが多いですよね~
出来れば 日本発のガレージザックを出したいのですが。。
良い方法が見つかるか?? まず 生地の入手からですね~

それとパットでしょうか? 良いスポンジが見つかれば良いのですが・・

では今後とも色々お話を聞かせてください なかなかこう言ったコメントは少ないので
凄く刺激になります!!

ではではでは

| Vagabund | 2010/04/28 19:22 | URI | ≫ EDIT

No title

スポンジですが、本日たまたま東急ハンズに行ったら、テーブルクロスとかスチロールとか置いてあるフロアに芯材が置いてありました。日本では硬質ペフ芯とか呼ばれているような鞄の芯材によく似た材料がカット売りされていました。背面やショルダーパッドに使うならちょうど良いのではないでしょうか??固くて薄いスポンジなので軽量パックに最適かも~と思いました。(ちなみにふつうの発砲スポンジも売ってました)。

バックパックを作る際、私はファスナーが一番困りますね!
服地用ですがカット売りしてくれたキンカドウも無くなってしまって途方に暮れます。。。
バッグ用の丈夫なファスナーを自由に買える時代がくるといいんですが。

ガレージメーカーですね、いいですね!
独自の発想で作っていらっしゃるガレージメーカーさんにはほんとワクワクさせられます。震えます。
楽しみにしていますね!ではー

| 自作バンザイ | 2010/04/29 18:37 | URI |

No title

自作バンザイさん
ファスナーなら取り寄せられますよ 但し 送料とか馬鹿にならないので
私の購入する時ついででしたら、、、

実際問題になるのは オープンじゃないでしょうか??
これも長さ指定して頂ければ YKKの物でしたら オーダーできます
3コイルなら 140cmまでかな?

相談して頂ければ できるだけ協力いたします。

パットで困るのは ショルダーですね。。
背面は入れませんもん 笑   ULだと そう重さを背負わないし
リッジレストなんかでも良いのですが  肩に当たる部分は  どうも
納得いかないんですよね~~

ではではでは

| Vagabund | 2010/04/29 18:52 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/478-7e0fd0d4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT