PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミシンについてのお話 

mishi4.jpg

はじめに なぜ JUKI TL-72なのか??(サンタさんがくれた。。しつこい!指)。。。
それは私にミシンを教えて下さっているミシンを職業としている  お姉さま方 婆さん笑う 
皆さん異口同音に  『職業用のミシンで一番安定していてミシン目が綺麗 そして一番調子をとりやすいのはJUKIだ!』と言われるから そんなもんかな~??って 思うようになり。。結果 洗脳されまして

次に『ミシンは古い金属の塊が 実は使いやすい!』とお姉さま方が 言われるから
ほほ~ そうなんだ そうなんだ! と納得したから。(内容的にも納得できるしね)
ここまでは 以前にも書きましたね!

じゃあ入手するならそれを参考に選択しよう! と 調べてみたところ
JUKIの職業用モデルはTL-○○と言う型式がついていることが判りました

次に金属の塊の型式となると。。。。 シュループシリーズ以前のモデルと言うことがわかります

TL-90(初代シュループ)以前となると TL-82と言うのが見つかりました

82JUKI  ← 何処かで見ましたよね この形!?

ではTL-82の一つ前の型 と なると。。 TL-72 ↓の写真  あ・・あれ!?

JUKI.jpg

もう判りますよね TL-72 TL-82は 同じ金型 同じ器械なのです エエ顔
となると職業 工業用に定評のあるJUKIが 一度マイナーチェンジをはさんで20年間売り続けた機種
と言うことになり すなわちそれは良い機械だと理解して良いのではないでしょうか!?

それにこの機械は 足踏み式ミシン台に固定され 足踏みミシンとして使われたり
工業用ミシン台に固定され 工業用200wの大きなモーターで回されたり。。。
と色々な実績があるのも わかりました!

泣けてくるじゃありませんか ほれた!  (← え~っ? 俺だけか??)
この機械に決めましょう それも古い型式の TL-72が良い~~~

そこで探し始めたTL-72ですが。。。一度 おば様に『モーター小さいから力 無いわよ~』
って忠告されたのですが  それにも対応策を考えていたのです(まだやっていませんけどね)

それは 工房日記 と言うブログに載っていた モーター2個付け技!!
記事 『  総合送りポータブルミシン改造記  』 (リンク許可取れてないので検索で)
凄いですね~~ 良い!これ! この技!! 私のモーターは現在80W(表記数字)
これに80W位のもう一個ってのも良いんじゃない??  160W!??(多分足し算にはならない)

うほ~~ ミシンって面白い! こんな面白いとは
縫い始める前には知りませんでしたよ~ 

それに 家政科の おねえちゃんとも 仲良くなれそうだし。。。想像  ス スミマセン。。。


                     前回 モーター取り付け記は → こちら
                     次の記事 TL-72が 動きました~ は → こちら

                                 アデオス!

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

ただ今 プロダクト と 素材(マテリアル)少し だけですがよろしくお願いいたします。


 今日もポチット


スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 16:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title


モーターが別に届いてたって、もしかして、増設用のモーターなんですか?

しかし、素晴らしいですね。
ミシンにつては、まったくの無知ですが、偉大なミシンだってのは、伝わってきました。

1970年前後の製品って、ホントに良い物が多い気がします。
それだけ、良いものを真面目に作ってたのかもしれませんね。

今の家電製品で、2~30年後に普通に稼動するのってない気がします。
わけも分からず、感動してます(*^_^*)

| マッスル城山 | 2010/01/20 18:28 | URI |

No title

マッスルさん  この年代の このタイプは同僚部分が普通別なんです。
ですので 自分の好きにアレンジしてたんです。
たとえば足踏み たとえばコレと同じように小型モーターでポータブル化
そしてデカイモーターでハイパワー化 
まるでモーターボート買うみたいに 自分で選べるんですよ。

そしてそれ用にこう言ったモーターが出ているのです。
ミシンは奥が深くて面白いですよ~~~~

| Vagabund | 2010/01/20 21:27 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/509-5f3cc437

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT