PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Jet(14)
恥ずかしい話ですが・・・やっと不明だったデジカメが見つかったので
自作ジェットボイルのテストを兼ねた5時間ハイクの結果をUP
後片付けが ちゃんと出来ない子なんで すみません。

当日は最寄の駅から電車で5駅 そこからスタートして 寄り道しながらふらふらと。。。
まあ そんなことはどうでもいいのですがね。
SANPO.jpg

で途中の沼・・・湖。。。??で 荷物を降ろして
SANPO1.jpg
食事&テストスタート

東南アジア製 ぺなぺなペットボトル1Lより400ccほどの水を自作ジェットボイルに入れて点火。
(東南アジアのペットボトルぺなぺなですね! 勿論軽いし(笑) それに引き換え
 ドイツ製はリ ユース考えてるんでゴツイ! 環境考えるとドイツ方式がいいと思います が
 ハイクにならペナペナがGOOD!軽くって使い終わったらふんずけてつぶして持って帰れるし
 これはこれで助かります)
SANPO2.jpg

いや~あ 問題なくすぐに沸騰です。
ただ 以前にも書いたのですがガスボンベがよろしくない。
ムラのある液がタンクから排出されて ボッ。。ボッ。ボッボッ。。。ボッ
とイマイチ目を話せないような燃焼状況 やはりガスライターチャージボンベに変更ですね。

沸いた所でお湯を少し使ってコーヒーを作り 残りのお湯でラーメン製作。
SANPO3.jpg

ダイソー12cmミルク鍋 麺は半分サイズでないと入りません で バリッと半分!
これも問題なく出来ちゃいました。 1.5人前までなら普通に出来ちゃいますね。
2人前だと吹きこぼれを注意しながら 作れそうです。
廃アルミストックCUTのハンドル 熱くなるので注意は必要ですが
食べるのも問題なく ズルズルと。。。。。。。。。。ご馳走様!

この後 場所を変え燃焼を繰り返したのですが 3回目に事件は怒りました!
モクモクモク。。。。。。。。。。。煙が。。。。。
消火して 確認してみると 写真↓の所が 熔けてました
SANPO4.jpg

真鍮管とジェット部分の接合部 シリコンチューブで繋ぎ 
耐熱ホースでカバーしてあったのですが、シリコンチューブが短く真鍮管が曲がった所に
隙間が出来てしまってガスが漏れていたようです。
ここに火が点いて ついには耐熱ホースとシリコンチューブを焦がしてしまった。(泣)

勿論 家に帰ってすぐにシリコンチューブの長さの見直しをしました。
溶接も考えましたが どうしてもメンテナンスのため外れるようにしておきたいので
このまま 様子見で使っていきましょう!!!

自作は何が起こるかわからないので テストは繰り返し行わないといけませんね!
こんなことがあるからあまりウルトラライトにこだわって 
肉を削りすぎるのは考えもの考えもの。
すぐに修復できない状況なのなら バックアップは持ちたいものです
>これで逆に重くなってしまうのは考え物ですが・・・・・

自作ジェットボイル 今度は山でテストですね ただ・・・・予定が立っていませんが(笑)

 (見直しもだいぶあったので 重さも量らないといけないな。。と 今思ったけど。。)




                       自作ジェットボイルTOPへ   次の記事へ


スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/51-b859e5cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。