PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LAN.jpg
TRINITY LIGHT STOVE LANTERN Modeの解説

ALCOHOL STOVE を作るにあたり 他には無い!と言う性能を持たせたいと思いました
その一つはCFCを使った まったく新しい ALCOHOL STOVE のスタイルだったのですが
これをエスビットストーブとの共用に。。 ついでにランタンにも使えないか?とまで
考えを進めてみました。

しかしLANTERNと言っても現在アウトドアで使われている 正式な機能を持たせると どうしても
構造が難しくなり しまいには 雪丘工房(http://www.green.dti.ne.jp/kenzou/)さんのような
しっかりした作りの物になることでしょう。 
けれど ウルトラライト派としては遊び道具※1と言えど そのような重さは持ちたくないのではないでしょうか?
ではどうしたらいいか?? ここはやはり日本に古くからある行灯※2 のようなシンプルな物を作れば重量的にも問題なく楽しいのではないか?と思ったのです。

そのため構造は このようにしてみました。
                     LAN1.jpg

Stove Bodyの中に金属製の皿を置き そこにランタンオイルを注ぎ それに灯芯を浸してオイルを吸い上げ
本体から離れたところで火を燃やすのです。
(図 赤い部分が金属製の皿 青い部分がオイルです)
この図を見ると判るように皿は行灯の皿と同じように密閉(半密閉)されていないので 傾けたりしたら
オイルがこぼれてしまいます。 もちろんつり下げなどすると非常に不安です。
灯芯は送り出し機能などまったくないため 火力調整にはいちいち 灯芯を指で調整しなければいけません。

さて これをどう思うか? これをどう使うか? やっぱりそれは使い手の遊び心じゃないでしょうか?
私は 皆さんがこれを改良し 使いやすくしてくれることを望んでいます。
(たとえば リフレクターを製作して頂くことをお願いしたように。。。。)


課題と対応策

燃料が15ml未満しか入れられませんのでハイキングではない普通のキャンプの時に使うのにはちょっと少ないですよね。 そこで オプション缶の用意を今しております。
まだハイシート(パッキン)の用意が出来ていませんので これが用意できましたら発売する予定です。

        LAN11.jpg


この缶を使うと燃料を20ml以上入れられるだけでなく 
Lan4.jpg  LAN5.jpg

このように高さが低くなるので 保温台として使うのに便利です(左 ノーマル 右 オプション缶)

芯の燃え尽き 燃料がなくなる前に火を消さないと 芯は燃え尽きてしまいます。
この状態で簡単に芯を出すことは出来ませんが 針の先でほじくり出すという事が出来ます
灯芯は凧糸でヨリがかかっているので そこに引っかかって出てくるのですが不器用な人は??
もう少し簡単な方法を考えて行きたいと思います。

燃料センサー 燃料が少なくなるとそれが判るセンサーをつける方法
それはカーボンフェルトCFを灯芯の燃料を吸う側につける方法です 燃料を灯芯が吸い上げて燃えるのですが
その速度は燃料が多いと普通に燃えてくれます しかしCFが丁度吸う分の量まで燃料が減ると灯芯が吸い上げる燃料量は減少し弱火になるのです  この時に気がついてあげる事により灯芯の燃え尽きを防げます。
CFの大きさは燃料皿の大きさにも関係するので 良いと思われる大きさは使い手が決める方がいいでしょう。
大きくすると弱火の時間が長くなりすぎてしまう 小さくすると弱火の時間が短くて気がつかないですからね!

風防 こんな風防はどうでしょうか?

LAN10.jpg

エビアンボトル風防 高さと底の一部をカット ↑ 

         LAN6_20100310135545.jpg

丁度風防がWWにひっかかりいい感じで固定できました

@ 熱の問題などありますので全てについてOKということはいえません。
  申し訳ございませんが このような改造は自己責任において行ってください。


※1 光と言うだけでしたら電気にかなう物はありませんので ランタンは所詮遊びです! しかし
   そこには 不思議な魅力 安らぎがあり 雰囲気があります 

※2 行灯は火皿(小さな陶器の皿)に油(荏胡麻油、菜種油、イワシの油など)を入れ、
   油から少し灯芯を出し、火をつけて使い これを風防の紙を貼った木や竹の枠の中に置いたもの。

LAN2.jpg ← 佐藤@電線屋さんから頂いた写真



MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

 今日もポチット
スポンサーサイト

| FREELIGHT | 09:29 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

炎の灯りの温かさ

炎が醸し出してくれる灯りには
電気にはない、なんともいえない味がありますね。

遊び心たっぷりのTRINITY LIGHT STOVE LANTERN Modeは
すばらしいとおもいます。

CFを使って灯りの大きさで残燃料を知るというのは
いいアイディアですね。 さすがです!

| s. river side | 2010/03/10 16:55 | URI |

No title

SRSさん
ランタンの光はいいですね~ 家で酒はあまり飲まなかったのですが
ランタンつけて酒飲むと 進む進む。。。 やばい状況です

フィールドで これをやったら 二日酔い?
あ。。。酒の量を持たなければいいのか! ほんと癒されますね

| Vagabund | 2010/03/11 09:12 | URI | ≫ EDIT

No title


このオプション缶、待ち遠しいです(*^_^*)

あっ、風除けと言うのか、グローブは、私も、この案を考えましたが
やっぱり、熱が…ということで、他の案を思案中です(*^_^*)v

100均の耐熱コップの底を切ろうかとも考えてます♪

とりあえず、今は、オプション缶を待ちます(^o^)

| マッスル城山 | 2010/03/11 16:08 | URI |

No title

は~い 用意できましたら UPしますね!

| Vagabund | 2010/03/11 19:12 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/545-c1e5222f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。