PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

         TOP_20100317121651.jpg

 TRINITY LIGHT STOVE のオプションを発売します

@ アルミ燃料缶 この缶の使用により4時間以上燃焼させる燃料を蓄えることが出来ます。
   重量 約 3g  この商品はアルマイト処理ではなく エポキシ塗装処理となります。
                               Price 300円 (送料別)

@ フッ素ハイシート 耐油性能を考えるとフッ素系のシートになりますが やっぱり高価ですね。
   重量 約 3g                    Price 400円 (送料別)

@ SET(燃料缶&フッ素ハイシート)の場合は 送料込みになります

ランタンパーツを缶に固定する前に このハイシートを挟んであげてください 押し込み式の缶ですので
完全に油漏れを止めることはできませんが 状況は改善されると思います。

ハイキングだけでなく オートキャンプや カヌーキャンプ などランタン性能をUPしていただくことができると思います。

なお 写真に素材? が写っていますが これはオプション缶とハイシートを同時購入頂けた方に
おまけするパーツ素材です。

@ S管 
 この管はランタンモードのとき 燃料切れの際の灯芯の燃え尽き>芯の交換から開放される物です
 ランタンパーツの真鍮管に被せるように設置します(真鍮製)

     TOP2.jpg OPT

 もし灯心が燃え尽きてもS管をずり下げることにより 灯芯を指で引っ張り上げられるようになります
 このアイディアは購入いただいたS氏より頂いたアイディアで 名前をS管とさせていただきました

素材供給(おまけ)ですので ご自身で少し加工を御願いすることになります。
またこれらの活用におきましては 自己責任において取り付けをご判断し お使いください。

S管 /ランタンパーツとの素材的隙間は限りなく0です 滑り込まない場合は軽く目の細かい紙やすりで擦って
    挿入できるようにしてください  削りすぎにも注意してくださいね

                       
    To be continued              TOP5.jpg

今後も続く予定の MLV_Factory 2010 NEW MODEL 是非ごらんになってくださいね!


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

 今日もポチット   







@@@@@@@@@@@@
隠しコメントで カーボンフェルトについてもご質問頂いたのですが 申し訳ございませんが使用状況がよくわかりません  また ハンドルネームなので お返事しようにもどなたか判りませんので メールで御願いできますでしょうか? わかる範囲でできるだけお答えいたします 
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 12:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

こんばんは。

あっ、テンプレ変わってる。黒のつぎは白ですか。
見やすい、いいテンプレですね~。

S管はシンプルでナイスなアイディアですね。
なるほど、なるほど。

・・・で、もしやサコッシュでますか?
ホント続々ラインアップしてますね。
復活してから、タフですの~。

| s. river side | 2010/03/17 21:13 | URI | ≫ EDIT

No title

あれ!宗旨替え?(テンプレート)

s管ですか、なるほど~ぉ。
チャクチャクとシステム化してますね。

| somtam | 2010/03/17 22:20 | URI | ≫ EDIT

No title

SRSさん 
え・・・なんか見えました?? それって幻じゃ。。。。v-12

まあゆっくりやりたいのですが 周りからあれやこれや苛められてますv-40 笑  さあがんばりましょうかね!

| Vagabund | 2010/03/18 18:07 | URI | ≫ EDIT

No title

somtamさん

これは手渡しで。。 なくしちゃいますからね。

| Vagabund | 2010/03/18 18:08 | URI | ≫ EDIT

S管のグリップ

S管、素晴らしい着想です!

JSBは、アルミ板で丸め込んで自作しました(笑)
名前は→S管のグリップ
 
上げ下げ調整できるので、明るさの調整が可能です
芯の修正に有利なDNAは、もちろん引き継いでいます(爆笑)
点灯しながら、明るさの調整が容易です
(内側パイプは、蓋に接着してあります)

youtube動画に、UPしておきました、ご覧下さい 

| JSB | 2010/03/18 21:21 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/550-716670b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。