PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

 News!!MLV_Factory の商品が本日より Sky High Mountain Worksさんに並びます! 

   TR1.jpg

TRINITY LIGHT STOVは一回に 何mlまで沸かせますか? と言う質問を頂きました
答えは・・・ 700ml/9分    でも本当は答えが無いんです 

これは開発にあたって JSBさんと話し合った時に TRINITY LIGHT STOVEは購入して頂いた皆さんに手を加えて頂きたいから デフォルトでは性能の部分で最高火力を目指さないで 使いやすさを優先させ
発売後に JSBさんが改造ノウハウのアイデアを提言していこうと決まったからなのです。
(この改造はお使いになる皆様 それぞれにあった改造を自分で選んでいただく 勿論何もしないで 
 このままでも十分使えると言うことを考えました)

これは兼ねてからMLV_Factory は皆さんと考える事の楽しさを一緒に共有するガレージでいたい
と言う私の思いにも共通することなので非常に嬉しい方向性でした

ではデフォルトでは?
 Water 200cc about 15ml alcohol / 240sec  400cc about 30ml / 400sec
と説明書で表記しましたが これも山での使用を考慮して 相当控えめに書いた数値です

実際テストしたところでは 200cc/200sec~で沸きますし燃料量もこれほどは使いません

今回お問い合わせ頂いた『TRINITY LIGHT STOVは一回に 何mlまで沸かせますか?』と言う質問には 
ULでは600ccほどが 一回沸かせれば良いのでは?と自分勝手に思い込んでいたので 
試したこともありませんでした  まだまだ駄目ですね。。 スミマセン

TR0.jpg

では実験です 正確を期すために手持ちのPOT すり切り800mlに 水700mlを入れ
STOVEには乾燥したCFCを設置  当方のPPボトルより25mlを注ぎます
(テストに適したこれより大きなPOTを持っていません スミマセン)

デフォルトのCFCは一度に20mlものアルコールを吸って ボトルから出てくることは出来ませんので
こういった量のアルコールを使うときは 後ほどボトルより追加するか
最初から乾燥したCFCをお持ちいただいて 通常のボトルからアルコールを注ぐと言う事になります。
これなら2泊3日や3泊4日などにもTrinity Light Stoveをお使いいただけると思います。
(出来ればもう一つボトルを持ったほうが アルコール回収が出来るので私は良いと思うのですが。。。)

  TR2.jpg

結果 9分強で700mlが沸騰し 燃焼は12分強で弱火になりました 
これは室内ですのでフィールドではこの数値は出ないと思いますが 700mlのお湯を作ることは出来ると思います


さてTrinity Light Stoveをどうすれば 高性能になるか??
一つはCFCの自作です 表面積を増やす事によって気化率が上がるので高性能化が出来ます 
この方面の研究はJSBさんのブログなどにありますので是非参考にしていただきたいと思います。
200cc/180sec未満が可能だそうです

この考え方の方向を変え 容量の大きなCFを作れば多量のお湯を沸かすことも可能と言うのが判ると思います!

※こんなことを書いてなんですが 販売者責任法の関係で 全ての使い方にMLV_Factory では
責任を持てないのをご了承ください


    TR01.jpg

また弱火にして火力を抑える方法も 紹介させてください  これは2つ方法があります 

※ Ti-Ribbonをずり下げてチムニー効果を殺し酸欠気味にさせる方法です StoveBodyとTi-Ribbonを
  くっつけると200ccを沸かすのに8分以上かかる火力に落とすことが出来ます。(JSB案)

※ 風防の使い方により弱火にする方法もあります 
  まずMLV Ti-Foilをゼムクリップを使ってPOTにタイトに設定してください つまり空気吸入口を下部に
  作るのです。 そして必要温度まで熱をPOTに与えたら上からTi-Foilを押して 下部の空気吸入口を
  無くしてしまうのです。 すると酸欠状態に近くなりチムニー効果を使ったTRINITY Light Stoveは
  火力をぐんと落とすことになるのです!(MLV案)

(この方法はTi-Foilを お使いの方々から頂いたアイデアを含め Ti-Foilの新しい使い方として後日UPする予定です 空気穴なし風防の面白さが広がりますよ!)

さて 今後もっと新しい/楽しいTrinity Light Stoveの使い方を発見できるでしょうか??

STOVE 直径 58mm/高さ 60mmと言う 非常に安定したフォルムで使う場所(フロアー/地面)
をそれほど選ばず ある程度の鍋/POT直径に対しても安心してお使いいただける
TRINITY IGHT STOVE! 新しい発見があったらぜひご連絡くださいね!


そうそうCFを使った構造上STOVE底面もそれほど高温になりません そのため送っていただく写真には
テーブルの上で 養正をせず使っていらっしゃる写真も見受けられますね! 
  (※ 出来れば 養正してくださいね (^^ゞ 当方は保障できませんヨw)

TRINITY LIGHT STOVE 在庫0になりました  MLV_Factory からの出荷は4月中旬より

お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さん
芦屋(Sky High Mountain Works)さん にお問い合わせくださいね。 


           100227_02.jpg


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット


  

スポンサーサイト

| FREELIGHT | 08:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

やや反則ワザですが

台所にあるようなアルミフォイル
あれを2枚重ねにして、CFCの周囲に巻き付ける

要するに、CFCの天面だけで燃焼させるわけです
アルコールの気化量を減らすが空気は制限していない
その合理的な利点で、常に青い炎が保証されます

吸気量を絞っていくと、やがて酸欠、赤い火、などの
要因となり易いです

きちんと巻かなくても いいんです♪
 言わば、ルーズソックスがお手本ですね(笑)
ごく弱い火力が欲しくなる、キャンプの宴席に備えて?
収納ケースの隅に、放り込んでおけば何かと便利です

| JSB | 2010/04/05 17:59 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん
やっぱ TRINITYの使い方 つきないんじゃ??
CFの使い方を 固定化してないから いろんな事出来ちゃいますよね
んんん 普及に努力せねば。。。笑

| Vagabund | 2010/04/07 12:39 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/558-1977f31b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT