PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

空気取り入れ穴が無いMLVのFoilで 空気を取り込んじゃいましょう!
購入いただいた皆さんから いろんな御意見 使い方を連絡いただいたので 発表します。

    Tif0.jpg

このように短冊状のFoilをゆがませることにより左下写真Aの高さ 空気取り入れ部が作れます  
右下の写真は横から見た写真ですが Bの距離分は地面に対し接して設置できるので
下からの風の巻き込みを考えた場合にも対応できるでしょう。
Tif1.jpg Tif2.jpg

実際 風防内部に取り込まなくてはいけない空気の量は非常にわずかです 
スカートを。。いや風防をめくれば それもめくる量を調整すれば 必要空気分の空気は取り込めますね。
スミマセン 少し ふざけました <(_ _)>

     Tif6.jpg

地面に接している部分にハンドルを持ってくれば MLV_Factory 550Ti-potでもこのように設定できます


さらに進んでこのような使い方はどうでしょう?

Tif4.jpg

カルデラコーンの優れている点 下部から吸い込んだ空気がSTOVEで温められ上昇する その時チムニー効果が加味され 鍋肌をなめて外部に廃棄されますこの廃熱すらもPOT加熱に追加してしまおうと言う使い方です。
POTとFoilの距離は指一本分ほどでOKですね。

         Tif3.jpg

MLV Titanium Foilではこのように組みます↑(上2つ 組み方は見やすいように強調して組んでいます)
すると下部は大きい円を描くので抵抗が少なく空気が内部に取り込まれ その後 鍋肌をなめて外部に放出されます

        Tif5.jpg

Foilの一番低い位置にPOTハンドルを持ってくれば特に加工なくスノピ450が使えます
(TRINITY LIGHT STOVEの場合 五徳高さ約6cm) 

Ti-foil2.jpg   Ti-foil1.jpg
また以前発表したゼムクリップの加工をすると このようにFoilをこれ以上下げない・・
(ゼムクリップの内側のRにFoilがひっかかり これ以上ずり落ちません)
つまり これにより風防を五徳としても使えます Foilに穴を4箇所空け ペグをさして 
4箇所 5箇所にこのゼムクリップをつければ 下部から空気を取り込みつつ フォイルに重量をかけることが出来るのです (POT 水分量はおのずと制限があります)


如何でしょうか? やっぱり道具は使いよう?ですよね。。
イマジネーションが道具を進化させ 自分にあった道を見つけてくれます!

ただ。。残念なのは MLV Titanium Foilは現在欠品中 完成度を上げて
再版できるのを御期待くださいね!

次回からはTRINITYに頂いた LANTERN や STOVEでのアイデアを お伝えしていきますね!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

TRINITY LIGHT STOVE 3次出荷完了 MLV_Factory でも少数在庫あり!お問い合わせください
      Ti-Foil  在庫0になりました
 MLV_Factory からの出荷は4月中旬より

お急ぎの方は 三鷹(Hiker's DEPO) 山形(DECEMBER)さん
芦屋(Sky High Mountain Works)さん にお問い合わせくださいね。 

MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html 

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 12:03 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なるほど!その手段が

ひねり技有り! ですね

荷重がかからない場合、この手段は面白いなぁ

普通の方法でも
ハンドルを風上側にして、ホンの少し反対側を高くすると
高温ガスは、風下へスムーズに流れますので
ハンドルが熱くなりにくい
 一つのTipsに加えてください(笑)

5cmの円形に切り出したCFを
一度、柏餅のように折り、ハンドルに取り付けて
針金固定して、アルコールで燃やす(爆)
外すと、見事に折り目が付いたCFが完成!
これも、なかなかマルチに使えるシート?です

| JSB | 2010/04/05 11:57 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/562-b3bf57b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT