PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TRINITY LIGHT STOVEをお使いののりじむ12さんが BIG CFCの報告をUPしてくださいました その内容とは !!

のりじむ12さんの改良ポイントは

         P1040807.jpg

その1 JSB ハンドルガード! (1番上のステンレス板)
ポットのハンドルに炎が近づかないようにするガードです♪ おかげでハンドルが熱くならなくなりましたよ(^^)

          P1040808.jpg
         
その2 カーボンフェルト! (巨大化)
自分は相方と2人で山に登るので多目の湯沸しが必要でして付属のフェルトではちょっとパワー不足~
それなら大きくしちゃえ♪ってことで(笑)

          P1040824.jpg

左が付属 右が自作巨大フェルト!(自作はピアノ線で吊り上げ用輪っかを作ってあります)
この大きなフェルトに交換すると700mlくらいの水がフツフツするあたりまで温めることができ、
沸騰させるなら、後は小さなフェルトでちょこっと火にかければ沸きます♪(MSRチタンケトルでテスト)

↓前GRANITE GEARのパッケージを利用して運用します

          P1040813.jpg

GRANITE GEARのパッケージはアルコールを染み込ませる作業だけに使用します。
アルコールを入れて持ち歩くと漏れると思います~(未確認)

MLV 550 Titanium Cookpot に収まります(^^) ↓
 
P1040819_20100411083000.jpg P1040816_20100411082954.jpg

アルコールは別容器で運ぶ必要がありますが、使い勝手は上がりました♪

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

いや~~ ほんと嬉しい報告です  TRINITYを出す時に 皆さんに弄って頂きたいと
JSBさんと思っていましたが 『どんなアイデアが出てくるのだろう?』って言うことも話しました
それがこうやって 拝見できるとは。。。 (T_T) 感無量です


それでは MLV_Factory も 大容量をノーマルCFCで沸かす簡単な方法を。。。
勿論 アルコールの追加投入なのですが こんな感じです↓

[広告] VPS


純正の大口ボトルで STOVE Bodyにアルコールを追加する方法です
そのままボトルを傾けると アルコールはボトルをなめて 他から漏れてしまいますが
WWスタンドを外し CFCに口を添えるようにすると上手く アルコールを追加することが出来ます

Body半分までアルコールを注ぐと 約30mlのアルコールを使うことになります
これによりBody側CF(カーボンフェルト)にもアルコールが行き渡り アルコールの気化面積が
増えるので火力UP にも繋がります (早沸きするようになります)

Ti-Foilを使わない場合この状態で 700mlを7分20秒ほどで沸かすことが出来ます
(燃焼は11~12分ほど続きます)

またTi-Foilとゼムクリップを使うとさらに早く沸きますよ。


MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html 

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット






スポンサーサイト

| FREELIGHT | 08:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

JSBさんのハンドルガードはYouTubeでも拝見して、さっそくアイデアを真似させて頂きました。TRINITY LIGHT STOVEはサイズがスノピマグ(300/450/600)に誂えたみたいにぴったりなので、取っ手が熱くならないアイデアはスノピマグファンには朗報と思います。

アルコール追加のアイデアは自分でも試してました。量を図れるようボトルに10ccごとの目盛を付けて、アルコールで消えないよう幅広のセロテープを目盛の上に貼ってます。

ストーブ、ゴトク、燃料ボトルが一体化してるから、これだけでもスマートにTrinity。

収納性の高さも色んな方に知ってもらいたい点ですね。

| おまつ | 2010/04/12 02:02 | URI | ≫ EDIT

No title

おまつさん コメントありがとうございます

そうですよね 目盛りもあると使用量の調整 回数の目安になるので
是非ほしいところ メーカーさんで刻んで切れれば良いのですが
やっぱりシールでしょうか??ね

TRINITYの収納性 スマートでしょ 笑
あちこちのPOTに突っ込んで ニヤニヤしてます
外径が大きいのに背が低い  座りがいいので使いやすいでしょw

ボトルキャップ側が丁度STOVE Bodyにスポッとハマるし
これだと スノピ300に全て突っ込んで(水は無理ですが)
ピークハントの時最小限にまとまります。

最近 製作しては失敗したり(販売目的でない物ですよ)。。。
上手くいかなかったり  昔みたいに馬鹿なものUP出来てないですが
もう一度 初心に帰って がんばりま~す!

おまつさん 今後ともレポートやご意見などよろしくお願いいたします!


| Vagabund | 2010/04/13 10:30 | URI | ≫ EDIT

燃料ボトルを反転させると

>ボトルキャップ側が丁度STOVE Bodyにスポッとハマる 、、、

ありゃ、皆さん 気が付いていたんだ(笑)
 Tips16 に 仕立てようか?と目論んでいたのに!
、、、、、、、、、
>そのままボトルを傾けると、、、

だからぁ
木の枝や、VARGOチタンペグ、スプーンの長柄などを利用して
液体ビンの口元にピタッと付けて、流し込むと いいよ! って
  ”お箸ドリップ”  YouTube動画

 ☆ WWを外さなくても、上手く流し込めるはずです

あっ、コレを
       kaizen 16 に 割り込ませてください ませ(笑)
  

| JSB | 2010/04/13 22:23 | URI | ≫ EDIT

CFの形状など

便りが帰ってくる、其れをヒントに 次のkaizenが始まる
そして、多くの人たちと共有しながら 発展して 展開が広がっていく
このストーブに限らず 応用できるヒントは是非活用してください
、、、、、、、とても嬉しいです! 

おまつさん、CFの形ですが、、、縦長形も いかがでしょうか?
さらには、円錐形なども燃焼系として考えると 理想的なのです
鍋底にぶつかるまで、高さの制限は在りません

ケータイの3本棒のように、細いものを3本立てても 良いんです
たとえば、1、2、3、という体積比率を準備して
組み合わせると、1~6 を総てカバー出来る
 ウラン235の 燃料棒が作れる(爆)
   だるま落とし、のように、重ねても面白い!

JSBは、珈琲ドリンク缶のネジ部と、φ35mmガスライター缶の胴部分を
組み合わせて、CF容器としています
 使う人の好みの給湯量に合わせて、準備しておくのが便利ですね

ライター、、、、短期的にはペーパーマッチという選択肢も有ります
アルミフォイル、、、、、、吸気量の一時的な制限に、活用出来ます


| JSB | 2010/04/13 23:10 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん
お箸アルコールドリップ  やっぱり難しいですよ~
アルコールは表面張力が極端に低いから 気を使ってやらないと
ボトルのお尻のほうに回ってしまいます。。。
CFCだとそれ自身が 吸い取るようにアルコールを吸ってくれるので
(多い日も安心) 簡単!  <m(__)m>失礼

まったく別な話 耳に水が入って抜けないとき アルコールを入れるとアラ不思議
だら~っと水が出てきます これはアルコールが表面張力を弱めるためなんですね~
勿論エチルじゃなきゃ駄目ですが シーブリーズでもOK!
ダイビングガイドとして 初心者相手の時には必需品です。

| Vagabund | 2010/04/14 10:09 | URI | ≫ EDIT

No title

CFの形状は 本当にアイデアが沢山あるところだと思います。
へたり を気にしなければ 何でもOK!

無可圧アルコールストーブの新しい道だと思っています!
だって~現場で お手軽なんですもん。

| Vagabund | 2010/04/14 10:12 | URI | ≫ EDIT

ありがとう!

耳に入った水の除去方法を知りました
 片足けんけん、よりも、カッコいいし(笑)
アルコールを注ぐのも、そちらの方法が適しています(痛)
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、
CF+サイクロン燃焼のコツ 分かりました
床部分のCFを外して燃やすと容易に、炎が集中炎となります
言わば、引き算の美学 かも
 一例です、細めが良い  CFC:φ20*50mm

回転させる理由は?
着火点からナベ底までの仮想距離を、延ばしながら 燃やせる
それにより、クリーンな燃焼を目指せる。省エネ効果も有る
ライフルのように回転させると求心力が発生する。直進性を強められる。
 故に 風に対抗してナベ底中心を正確に炙る(僅かですけど)

    希有な存在 そこが一番の売り!(爆笑)


| JSB | 2010/04/14 22:00 | URI | ≫ EDIT

CFの形を工夫

おー、JSB先生有り難うございます。CFの形をちょっと工夫すれば、以前MLVが販売してた、目盛り付き100mlPPボトルに入れて運ぶことできますもんね。ちょっと隙間が空くけど、形状的にはキレイにゴトク内に収まるし。

今までトラちゃんがメインで、トラちゃんは70ccはいるでしょう。それで、コーヒー淹れてご飯炊いてが染み着いてるんですよ。

しばし、燃料を細かく計りながら、自分の山行にあったCFの形状・サイズを考えてみたいと思います。

で、JSBさんも記事にされますが、アロマックス缶もゴトクにピッタリ。消す時も缶でギュッとってのも可能だ・・・

なんだ、イクラでもやりようあるじゃん!うひゃー楽しー♪

アタシも頭を柔らかくせねば。

| おまつ | 2010/04/15 02:36 | URI | ≫ EDIT

No title

皆様 いろいろと遊んでくださいませ~

ただJSBさんにそのままついて行くと 最後は壊れ?壊しますよ~笑

| Vagabund | 2010/04/15 18:19 | URI | ≫ EDIT

注ぎこむ、パート2

リベンジです(爆笑)

ikaros にもカキコしました、、、

以前、珈琲抽出の方法に参考になるのがあったことを思い出して
 検索&再挑戦!

タコ糸2本 と 重り
コレを燃料ビンの中へ入れておき、注ぐという方法です

オイルランタンの替芯としても、、、、(苦笑)
  ケータイのストラップにも使える?

そうだ! サバイバルセットの火縄にも
                   (ぶっブー♪)

| JSB | 2010/04/19 00:39 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん
どんどん サバイバル色が。。。(~o~) ウルトラライトのシンプルからかけ離れてますよ~

シリコンホースなんかで 超小型のペコペコポンプってどうですか?

真鍮パイプをつけて。。。。 なんか昔に戻りますが w

| Vagabund | 2010/04/19 09:11 | URI | ≫ EDIT

kaizen 18,19

そろそろ、好評の? kaizenシリーズも、ネタが尽きて来たようだ

そこで、シンプルだけど、火力の調節が出来るTipsなどを追加して
トップシーズン入りの、一区切りにしようかな、と思います

http://www.youtube.com/watch?v=n8gTn80r25Y

ストーブを壊さないうちに、思い留まるのも、、、、おとな (爆笑)

実際には、スプーンをwwに通して
     ストーブを釣り上げたり降ろしたり
 受け皿を突付いて下げたりしています。VARGOのペグは 使えますね!
がはははは



| JSB | 2010/04/23 17:31 | URI | ≫ EDIT

No title

JSBさん 
了解です! そうですよね~ そろそろ尽きてきましたよね
一区切りしましたら またまとめて見ましょう!

今回は本当にご苦労様でした!  今後ともよろしくお願いいたします<m(__)m>

| Vagabund | 2010/04/23 18:39 | URI | ≫ EDIT

カーボンフェルトキュービック

このビデオを繰り返し拝見して気が付いた Tips no.22です

だるま落とし、という玩具がありますよね
あのように、基本形(モジュール)を積み重ねて、燃やす方法
たとえば
1カップを給湯するアルコールを吸収できるCFCを→1CFモジュール
として、燃料ビンに 数個入れておく

2カップ給湯の場合には、2個を取り出して燃やすと→ドンピタの沸騰!
1カップ給湯では     1個を    

まぁ、実際には、1 & 0.7 CFモジュール ぐらいが
 実効量と思いますけど 誤差は見逃してください
お米屋さんの店先の台秤の分胴を見て 閃きました(笑)

| CF普及友の会・JSB | 2010/07/18 02:16 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/565-4bd22a14

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT