PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

  yoru.jpg

何時に寝たか覚えてないがバタバタと強い風で目が覚めた 時計を見るとAM1時を回ったところ
屋根にと建てたツェルトが気になり顔を出してみるが それほど揺らいだ感じもしない。
見まわりに外にでたところ 予想どうり西側から風が吹き付けていた しかし地形とツェルトの西側は雪に埋めたために風は宿営地をなめるように抜けていっている。
引き綱のたるみを確認してもう一度寝袋に潜り込むことにした。

次に目を覚ましたのは朝4時 今だ風は収まっていない どうせ今日は帰るだけだ 
いや明日の朝8時までに自宅に戻れば仕事に支障はないはずだ
M氏は明日も休みだというし お昼過ぎに下山にしても特に問題は無いだろう寝袋に包まりボケーっと時を過ごす
ほんと気持ちが良い !

     asacya.jpg

改めて 寝袋から半身を乗り出しTRINITY LIGHT STOVEで珈琲をいれ  クラッカーを少し齧る。
外は風が唸りを上げているようだが 木々と地形 それにテントによって守られた場所は本当に心地よい。

6時少し前に 隣でもごそごそと動く音が聞こえてテントの出入り口から顔だけ出てきた 

屋根の隙間から見える空は鉛色 昨日の抜けるような空は今日は見ることは出来なかもしれない
もう一杯珈琲を入れ 二人でダラダラと会話を楽しんだ。

7時を回る頃になると風の勢いも徐々に弱くなっていく様子を見せだしたので 思い切ってねぐらを片付け帰路に着いた。

      de.jpg

パッキングを終え荷物を担いだ時には大分風は収まっていたが 空はまだまだ鉛色をしている
20分ほど山頂へ登り返し そのまま下山へ 途中スノーボードを担いだ人に声をかけられ少し話し込む
彼は 昨日登って小屋泊まりで一気に滑って帰るそうだ。。 帰りはあっという間なのだろうな?

   kuda.jpg

コースが木々の間を抜けるようになると 空には雲があるものの大分青さを取り戻してきた

雪の下りは早い早い。。 あっという間に高度を下げていく あまりにもったいないと途中見晴らしの良い場所で 
TRINITY LIGHT STOVEを使い二人分のインスタントラーメンを作る事にした。
  
       hiru_20100515084539.jpg

お湯を沸かす時間は マットを取り出しゴロンと寝転がる このまま寝ちゃうのもありかなww
山って降りる時は 何か後ろ髪惹かれるようで もったいない気分になってしまうよね。。

二人分を交換で作りくだらない話をしていると 時計は一時間も進んでいる

何時までもだらだらしていると帰り渋滞も酷くなるかもしれないので 一気に車まで歩き出すことにした。

 AS.jpg    おつかれさま!!


                          前回の記事へ    会津 paraiso TOPへ                          



MLV_Factory  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/index.html

MLV 550 Ti-POT http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/550.html 

POISH Titanium LongHande Spoon  http://www.asahi-net.or.jp/~rm4j-tkhs/Ti-Spoon.html 

 今日もポチット 
スポンサーサイト

| ☆山行  | 08:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

ひぇ~!!

軟弱なので雪山はダメです。

応援のポチっとしときました

| えへへさん | 2010/05/15 17:18 | URI |

No title

えへへさん
はじめまして SRSさんのところでお名前を見た気がしますが?
今後ともよろしくお願いしますね。

風呂敷のHP拝見しました 日本の技ですな~~ 凄い文化だと思います
特に日本酒を2本包む方法なんか かっこいいですよ!

当方も名前ばかりFuroshikiCozyってのがありますよww

雪山は カッコだけですよ 天気が安定しなければ入りませんからね
ではではでh~~~

| Vagabund | 2010/05/15 18:39 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/585-9f75e9b3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT