PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

aka12.jpg

硫黄岳-行者小屋(11:40-13:50)
相変わらず視界が利かない中赤岩の頭から赤岳鉱泉に歩を進めると道は樹林帯の中に入っていく
これで酷かった強風を気にせず歩けるので気分がだいぶ良い。
樹林帯の中をどんどん高度を下げ40分ほどで赤岳鉱泉小屋に到着。
行者小屋まで歩く予定なので 写真を撮ってスルーするつもりが テント場の近くで休憩している
20代と思われる男性が気になって声をかけてみた。

aka100.jpg

その彼場違いなのだ ザックも登山用?と思われる物だし 白いローカットデッキシューズは泥に汚れ
ソックスも履いていない。 そして一番気になったのは、その靴のかかと部分に見える靴ズレによる出血
『どうしたの?』と声をかけると 彼は誰かと話したかったのらしく一気に色々話してくれた。

彼曰く 始めての山歩きで美濃戸から赤岳までのを1泊で歩くつもりだが まったくペースが判らず美濃戸からここ赤岳鉱泉小屋まで頑張って2時間で来てしまった だが果たして今日自分は赤岳頂上荘に到達出来るだろうか?
と心配になっているそうなのだ。

しかし私には それ以前に彼の足が気になっていた  『大丈夫?靴下履かないと靴ズレれが… 
私がそう言い終わらないうちに『大丈夫ですよ~!』彼はすでに靴ズレれで血が出ていることすら気がついていないようだ もう一度気づかせようと『でも そんな血が出てたら…』 その言葉に彼ははじめて気がついたようで 自分の脚の状態に驚いていた。

足のケアをすることを進め『君が良いなら行者小屋まで一緒に行くよ』と伝えては見たが 彼は恥ずかしかったのか『大丈夫です!』と言い残し 急に出発してしまった。 悩。。。。。。。

その後 少し遅れて彼を追うように行者小屋に向かって歩き出したが 彼の姿は見えず
行者小屋で幕営届けを出した時にも 彼のことを聞いてみたが宿泊はしてていないようだった。
まだ時間には余裕があるので大丈夫だとは思うが気になる出来事だった。

aka101.jpg

ここ行者小屋では水はFree トイレも宿泊・幕営者はFreeで トイレ利用だけだと100円がかかるらしい
小屋から少し離れた幕営指定地に SPIN 0.6 Hexagonを張る

aka8.jpg

丁度この頃 風が強く吹き出したので低めに張ることにしたが それでもポール破損の影響は大きく
Aのように立てるポール自体の底辺の間隔を狭くするしかなかった。
(これがどうも煩わしい。。 少し大きく身体を振るとポールに触ってしまうのだ)

ペグは最近ラインナップに入れた3.2mmTitaniumPegだが 非常に条件の良いサイトだったこともあり
何も問題も無く使うことが出来た。テストにはならないかもしれないが Pegはその場その場のアイデアで
使うしかないので これはテストのしようが無いのかもしれない。

   aka9.jpg

フロアーには雨具にも使ったSpinGroundCoths(150×105)91gを敷き マットはMLV LightPadを
使用した 残念ながらマットをザックの骨格に使い マットの布を張った側を外に向けて歩いていたので
少し水気を含んでいるそのため 使用時には写真のように布側を下にして使用した。

   aka10.jpg

行動時間はは6:45-13:50の 7時間 行動中は休んで食事することも無く、歩きながら行動食を齧っているぐらいなので今日初めてTRINITY LIGHTSTOVEで湯を沸かし ゆっくり食事することにした
FroshikiCozyで袋飯 スプーンは0.6mmSPORKを使う 

まだまだ時間があるがシェルターの外は風が吹いているので 引きこもりになって本を読むことにした。
かみそりで薄くスライスしたサラミと 行動食のナッツをつまみに カナディアンクラブをストレートで! 
チェイサーは八ヶ岳の美味しいお水!
持ってきた本は 酒見 賢一の墨攻   丁度半分読んで ひと寝入り 。

 aka11.jpg

薄暗くなるころ ウィスキー入りホットチョコをいれ 引き続き本を読む 
しばらくしてTRINITY STOVEを保温器にしてホットウィスキーを楽しむと 時刻はPM8:00
気がつくと吹いていた風も収まり 空には星空が広がっていた さあオシッコして寝ましょうかね..

 続く                                
スポンサーサイト

| ☆山行  | 16:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自作シェルター

Vagabundさんこんばんは。いつぞや自作シェルターの件でコメントさせていただいた者です。亀の歩みでやっとこさ自作シェルター形になってきました。Vagabundさんはもはや中国にも行かれて凄いですね。今回ミシンは全然うまくいかず、ものづくりされる方々の凄さを
感じさせられました。素人作りですが、コメント欄にいれさせてくださいませ。今後のご活躍も楽しみに拝見しております! http://makito.boo.jp/mountain/2010/10/post_6.html

| tochan0327 | 2010/10/03 22:40 | URI | ≫ EDIT

No title

tochan0327 さん
拝見しました よく出来ているんじゃないでしょうか??
もの作りの怖いところは これに飽き足らず
すぐ次の作品に手を出すところ。。。怖

自作も期待しておりますよ~~~ww

| Vagabund | 2010/10/06 08:55 | URI | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/644-190e8c3a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。