PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

CON1.jpg

先日作成したバーナーヘッドの方向性をコンパクトバーナーにしました。
(自作したジェットボイルの鍋にも使えるので・・・・)

また0.2mmのヘッドから出されるガスの炎は高く 立ち上らないのです。
すると前回の自作ジェットボイルバーナー部分に入れるには全体の高さを低くしなくてはいけない。。。
だったら これはこれでウルトラコンパクト方向に進もうと思ったわけです。(ウルトラ好きだな~(~_~;))
CON2.jpg

ベースを前回製作のジェットボイルで ヒートシンクにしたアルミガラスレールと決め
それを加工にしてヘッドを固定することにしました。
ガラスレールは全体 3/5の下駄状の立ち上がりを削り落とし
横から見るとSのような感じに曲げています。(3つ下 横からの写真参照)

燃やされるガスはタンクから直で燃やすより 一度熱してから燃やしたいので部品を追加。
大きさの比較にSDカードを置いてみました。
CON3.jpg


これをアルミベースに組み込むと↓
CON4.jpg

横から見ると アルミベースの曲げが判ります。
余熱の真鍮管は直接火に当たらなくてもバーナーに接していれば十分でした。
(全体がコンパクトなため 相当な熱が全体に渡り 放熱する余地も少ない)
CON5.jpg

シリコンホースが急激に曲げられるので折れてしまいます
そこで内部に細いバネを入れてあります。(↓見えにくいですけど・・)
CON6.jpg


自作ジェットボイルのカテゴリーでしたが・・自作ガスバーナーのカテゴリーに名称変更して
続けて工作していきますm(__)m
CON7.jpg


カテゴリーTOPへ     
      自作でポケットガスバーナーTOPへ        次の記事

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 10:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/69-d0f0ffbb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。