PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最後に追記しました

       1

今回 何時もお世話になっている方の一名と連絡を取り合い 被災地支援のアイデアを出すことになりました    ( その人 国の仕事する人なんです・・・)

企画提出先  被災地選出の 国会議員の方々 及び 関係各庁
共同提案者  参議院 ○○部職員 (すみません今後のこともありますので伏せさせて頂きます)

共同提案者の方の仕事は 日頃から色々な情報を議員の方々に提出し アイデアや立法のお手伝いをすること 被災に関してもいち早く 色々と動いていると連絡が来ていました。 

そして今回避難所支援のアイデアを集める事が急務となり 当方にも少し前に【何かアイデアは無いか??】という問い合わせが来ていたのです。

何時もお世話になっているので お手伝いするのは当たり前! それに支援についてのアイデアを聞いてもらえるのならと 喜んで企画書を作りました

<内容を簡単に>

【題名】
  大型収容避難所※ における被災者のプライベートの確保と衛星面および快適性確保についての提案
    (※ 学校体育館などの広い空間を有する避難施設 )

【概要】
  大型収容施設においてプライバシー等の問題などからくるストレスは甚大で パーテーションを用い
  プライバシーを確保するということは急務と思われます。
  そこでその対応策として安価なテントの使用を提案します。
  
【利点】
  1.隣国において非常に安価に大量生産されているキャンプ用テントを使用することにより
    迅速に尚且つ費用を低く抑えプライベートスペースを提供することが出来る。

  2.夜間 幕内に入ることにより空気の流れを押さえ ある程度の保温/保湿効果が期待できる。

  3.個別空間が出来ることによりインフルエンザ等に対しある程度の予防効果が期待できる。

  4.個人所有物の保全に効果があると思われる

  5.小さなお子さんを抱える母親や高齢者と言った人々にも安心感を与えられる

【問題点 課題点】
  1.広いスペースがないと 設置が難しい

  2.共同スペースなどを確保しないと 孤立によるストレスが生まれるかもしれない

  3.衛生面に配慮し殺菌スプレーなどで幕の衛生を保つ必要がある

【添付資料】

  1.購入先リスト  2.予想価格  3.輸入に際して少々


     2_20110327160629.jpg
    

はたして どうなるでしょう これから被災地と連絡を取って有効かどうか??
設置可能かどうか ??  今日から動くそうです。。。

(所詮現場にいない人間のアイデアなので ただのアイデアで終わってしまうかもしれません。。) 


物事には時間がかかる。。しかし 有益だと判ったら 素早い対応で動いて欲しいのですが…

勿論実行が決まった場合 支援することは申し入れてあります。



                                     MLV Factory


追記

ご指摘がありましたので 追記させていただきます。 

※ アウトドアメーカーなどによるテントの被災地向けの支援との違いについて

すでに アウトドアメーカーからのテントの支援は行われています

しかし避難所施設内で 色々なテントを乱立させることは出来ないとお話を聞いています。

一つはスペースの問題  大小さまざまなテントが体育館内部で乱立させられない

もう一つは その居住性などの差により 現場でのストレスが生まれる問題

つまりある程度 画一された規格のテントでないと 現場での不公平〈これが一番のストレスになります)
が発生してしまうと言うこと。


今回の企画はテント本来の目的ではなく パーテーションとしての安価な画一された規格のテントの利用
とご理解ください。



またまた追記

各方面から相当心配していただき 連絡を頂きましたが。。。

実際は書類提出しただけで 何をするかも 何も決まっておりません。
本日担当者様より 受領の連絡を受けましたが はてさて???
もう手を離れたら もう関与することは無いんでしょうね…

( 一部で杉によるパーテーションの話が聞こえてきましたしね )

                                 ではでは!



    

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 16:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/28 02:11 | URI |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/03/28 20:08 | URI |















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/741-f069ff4c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT