PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【 DAY 1 続き 】

    touyama 2

手近な平らな場所にマットを敷き、水を飲む…

気持ちが収まるのを待って身体を調べてみたが本当に何処にも問題が無いようだ。 苦笑

さあ! 後はテープ沿いに進めば彷徨う事はない!… よね…w

    touyama 21

誰の足跡も無い雪の上を進むのは気持ちが良い。。

    touyama 22

高度が上がってくると木々は少なくなり、そして雪の量は多くなっていく。

雪は4mを越えて積もってる、そして締まっているとは言え踝の上まで足が雪に沈む。

TOPを交換しながら進むが 息が上がるだけでスピードは上がらない。

    touyama 23

悪いことに雲はどんどんと厚みを増し、風は強くなってゆく…

コースは峠で右方向の尾根に変わるのだが、ここだと思われる所にあるべき標識が見当たらない。

高さは5mを越えるでっかい標識だというのに完全に埋もれているのだろうか??

すでに視界は500mを切るほどなので遠くの山並みでは位置が判らないくなっているが、地図では右方向に伸びる尾根はルート上では1本のはず!

相当風も強くなっているので早く立ち去りたいのだが、コースを見失わないようマークをしてから右方向の尾根に歩を進めた。

進行方向右に雪庇が大きく張り出しているので尾根の左斜面よりを慎重に40分ほど進むが、ついには視界が100mを切ってしまった。

風もさらに強さを増したので途中めぼしをつけておいたくぼ地まで撤退し、今日はそこに宿営することに。

スコップは持って来なかったのでアイゼンで斜面を削り、持参したアルミ鍋で雪をかき出し強風からテントを守る。

         <状況が状況で 写真撮れる余裕 無し>

掘り下げた空間にテント2張りを設営し、風が巻かないように雪面の空間の上に持参したタープをかけ

風上側の雪面及び周囲の雪面との段差をなくした。

すぐに設営したテントに潜り込みシュラフに包まりチョコをかじる..う~~さみ~~

まじ冬山だな… 外はゴウゴウ風がうなっているし。

時刻は1時半、とりあえず体温を上げるためにも寝ちゃいましょ! ウィスキーが旨いよ~。


   touyama 24
 
あ。。。もう隣のテントから ご~ ご~ いびきが聞こえる…。


                                               続く!…


報告 >> 後ほどちゃんと書きますが お問い合わせが多いのでザックについて書かせていただきます。

  FREELIGHT Spinn BackPack
  
  すでに販売開始の予定を立てていましたが、お願いする縫製工場が震災により予定が乱れ
  (関東ですが 被災地域の一部にかかっております)そのため素材の用意が遅れました
  
  また素材は素材でアメリカのメーカーの方で在庫切れを起こし、そのためさらに予定がずれ込んでいます。

  現在まだ素材は届いておりませんが現地からは出荷の連絡と追跡番号も届いていますので
  届き次第、縫製工場と予定をあわせ縫製に入ります。

  まだ発売時期の予定は出せませんが着実に進んでいますのでよろしくお願いいたします。

                                      MLV Factory  
  
  









スポンサーサイト

| ☆山行  | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/759-c1426938

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT