PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mantis.jpg

先日フィールドテストした コンパクトストーブ
【マンティス コンパクトストーブ】の仔細
カマキリに似ているので マンティスに決定
こうやって五徳を調整すると↓ カマキリ
Mantis2.jpg

右はスコーピオンにも見えるが・・マンティスのほうが好み!

重量 42g (燃料チャンバー&ホース含む)
減量化よりも 継続&安定して性能を発揮できることに主眼を置いて
如何にコンパクトにするか?で製作しました。

0.2mmジェットで製作したためヘッドの工作で苦心しましたが
結果↓ やっぱり4mmネジのスペーサーで拡散。
Mantis1.jpg

製作当初 スペーサーを入れたら上手く燃えなかったのですが・・・・ 
理由は0.2mmジェットの目詰まりでした。
極小の穴なので製作後はキリコ(削りカス)による目詰まりをすぐに起こし 
燃焼がおかしくなっていたのでした。
これは燃焼を繰り返すたびにキリコなどが減少していき 今では問題なく燃えてくれています。

またこのスペーサーを入れないと どうやらバーナーヘッドの中で燃焼が起こり
 @ヘッド自体に熱を与えすぎ本体が異常に高温になる   @炎が高く上らない
@燃焼エネルギーが本体に奪われ対象物を上手く温められない
などの問題があることが判りました。>結果オーライで問題解消!!

予熱管の配管見直しは ↑写真ようにジェットに入るシリコンホースを包むようにしました。
耐熱性が高いシリコンと言えども やはり長い間高熱にさらすのは良くないと判断
ココに低温のガスを回すことによりシリコンを冷やし ガスを温めることにしました。
スペーサーを入れないで超高熱になったヘッドでもシリコンは耐えていたので
温度が下がった事と この工作により余計安心感がましたと思います。

燃焼の状況を動画でUP しています↓


水道水250ccを2分強で沸騰  通常温度の水だともっと早く沸くことでしょ。

 @ジェットボイル鍋を使っているので 五徳パーツ追加しています
          また新型のバルブも使って撮りましたが これらは 次回UP 予定。

   カテゴリーTOPへ     自作でポケットガスバーナーTOPへ       
                                    前回の記事に   次の記事
スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/77-cb6acb8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。