PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マンティスコンパクトストーブ
baru0.jpg

新型軽量バルブ 
baru.jpg

今までのもの(フィールドテストの写真に写っているバルブ)は持ち運びの時
ガスが出ないようにネジを外し 折れないように気を使って持ち運びました。
どうもそこが納得いかなかったので 山から帰ってすぐ 新型バルブを作りました。
(といっても 内部部品は極細缶用バルブで使った部品ですが・・)
baru2.jpg

これもねじ込むことによりガスを噴射します 微調整がどうかと思っていましたが
まったく問題なし 思いどうりの噴射が出来ました。
重量は ホースなしで10g!! 
持ち運びの時はネジの隙間に6mmほどの硬質発泡スチロールを挟みます
これで破損や噴射予防はOKです。
いくつものキャップから探して製作したので サイズはきつめ!!
セロテープなどで留めなくても使用することが出来ます。
(ただ・・用心に用心は重ね ボンベにはセロテープを重ねて張りつけておきます
 また加工用にかみそりの刃もテープで留めてあります)

三角五徳のマンティスコンパクトストーブでは ジェットボイル鍋の座りが悪いので
パーツを追加します ↓
baru3.jpg

これで不均等な形の四角五徳になります↓
baru4.jpg

これはフィールドテストの時も使いました。

燃料チャンバー
baru5.jpg

アクリル+シリコンホース製 安定した燃焼が得られます。

さて これに合う マグカップも作りましょうか・・・・

        カテゴリーTOPへ     自作でポケットガスバーナーTOPへ       
                                    前回の記事に    次の記事

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 13:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/78-7f90bc1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT