PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

66.jpg


毎年この時期は友人と二人で春の雪山に登っている。
今年も二人で休みをあわせ2300mほどの山 それも雪の時期だから歩ける
廃登山道を登っての登山をすることにした。

いつもの如く車で自宅を夜出発 約4時間半のドライブをして深夜の駐車場に車を停め
ボツボツと二人で酒を飲みながら少し話し寝る。

朝 回りの車から出てくる人たちの音で起こされた。
この地域は春スキーが出来る山がいくつかあるので多くの人が
板やボードを用意しているのが車の中から見える。

トイレに行きながら眺めているとほとんどの人が日帰りの山スキーを楽しむようで 
雪山を歩き回るような人はほとんど居ないようだ。

7時 我々も車を出て用意を始める。

去年のこの時期の山行は装備不足のため撤退した事もあり
今年はそれ以上に雪が多く急な斜面が想像されるルートを計画したので
ピッケルやロープなど結構な装備となった。

99.jpg

ザックは発売したばかりのSpinnZack50のプロトタイプに、
以前からハードなコースの時には欲しいと思っていたDyneemaパーツを装備。
これでアイゼンやピッケルなどを気兼ねなくザックに括り付けられる。

これらの装備の装着には簡単に取り付けが出来るようJ-バンドを使用した。

7時半、隣の車の年配の夫婦に見送られて出発。彼らは日帰りで山スキーをするらしく、
板の用意を丹念にしていた。

山に踏み込み、最初の5分は山スキーのコースと同じなので足跡は多いのだが分岐を過ぎると足跡も激減… 
その少ない足跡も30分も進むとまったく見かけなくなった。

今日の予定は無雪期なら通常のルートとなっているコースを歩き
廃登山道までアプローチ その後この道を少し進んでキャンプする予定。






 続く
スポンサーサイト

| ☆山行  | 16:53 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/952-3b7a3d24

TRACKBACK

まとめtyaiました【東北 残雪の山に登る part1】

毎年この時期は友人と二人で春の雪山に登っている。今年も二人で休みをあわせ2300mほどの山 それも雪の時期だから歩ける廃登山道を登っての登山をすることにした。いつもの如く車で

| まとめwoネタ速neo | 2012/05/16 22:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT