PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昨日の夜もいろんな状況を仮定して 丸型バーナーのテストを繰り返していました。
honou1.jpg

本体を冷蔵庫でガンガンに冷やして回りに氷を置いて・・・とか・・
TEST.jpg

・・・・・で 今回の丸型 見直します !!

予熱管などの配管など この大きさに入れるのは今の私には無理!だからです
確かに 現在は予熱管を組み込んで上手く燃えています 
しかし 少しバーナーヘッドに力が加わると不完全な燃焼を起こします。 

つまり無理して あの大きさに詰め込んだので 山などで使ったとき 
不完全な燃焼を起こすのでは? 上手く燃えないのではないか?という心配です。

多分配管の取り回しを一度外に出し jetを1~2mm下げ 
長さを2~3mm長くすれば安定するでしょう。
でもそうしたら あのサイズの意味がなくなり 一回り大きなケースのほうが
安定性があがるはずです。
やっぱり 海外に持って行けるぐらい 安定した物が作りたい!
(ガスなので 機内持ち込みは問題あるでしょうが・・・)

めんどくさい奴だな~ と思われると思いますが・・・
一度 方向性の見直しを してみたいと思います。
(マンティスのときは出来てたのに 今回は目先に走った 反省をこめて<(_ _)>)

1.海外や山で使える ある程度頑丈な構造  
  パッキングの時 詰め込んだり ぶら下げたり いろいろ収納方法があると思うが
  特に気を使わないでも 破損しない構造。
  特別なケースなど必要だとしたら それ自体で重さが損なわれるから
 
  またそれ自体の破損を心配して バックアップを持つ場合 軽さの意味がなくなる。
  マンティスの場合 山で使うまでに100回以上のテスト 
  3回バックアップをもった状態での山&散策 その後はじめて 前回の袈裟丸山で
  バックアップを持たずに山に行きました。

2. 海外や山で修理出来る構造 (クローズ構造を作らない)  
  今までに国内外あわせて数ヶ月の放浪?というのを 4度したことがあります。
  この性格ですからいつも自作物を持ってです。
  そして いつも壊していました・・・ (T_T) 
  初めのころは ほとんど最後まで持たなかったように思います。
  毎回修理道具は持って行ったつもりですが 出先の工具では直せないで
  悔しい思いを何度もしました。
  そこで どこでも修理出来る 構造 再現性を目指します。

3.収納性の良さ  
  上手く収納できること! 気を使わない収納性!

4.軽量
  ウルトラライトなんてよく書いてますが 最後になっちゃいました(~_~;)。。。
  本当は失敗の上に成功が成り立つと思うのですが
  貧乏性なんで 使えるものがすぐ欲しい・・
                  (だから目の覚めるようなものが作れない (T_T))

こんなとこでしょうか?  

私の知り合いにJAXA(宇宙航空研究開発機構)の方がいます
若い方なのですが 飛行経路関係のスペシャリストの方です。
彼に新素材 新技術について話を聞いたとがありました。
彼曰く 『宇宙に行く物なんて まったくのオールドテクニック!』
使い続けた枯れた技術がメインで新技術 新素材 なんて バックアップのバックアップ
今の超最新性能なんてメインとして乗ってないんだそうです。
修理 交換など制限がある宇宙に 検証が足りない新しいものなど
そう沢山持っていけるわけがない・・・というのです。 

いわれてみればそのとおりなのですが・・・・・
目からウロコでした  NASA開発の!なんて沢山聞きますが
あれは 最先端ではないんですね (@_@)

宇宙開発はある意味 貧乏性! 最先端技術バンバン持っていって
とっかえひっかえ から答えを見つけるのではなく 
確実に・・・確実に・・・・・ ものにしていく  貧乏性!

私も相当規模が・・(マクロなみに いや ナノなみに)小さいですが 貧乏性!
地味にやって行きましょう!  

このストーブ関係 いろいろ諸先輩方いらっしゃるので だいぶ後から
様子見 様子見 で 行かせていただきます<(_ _)>。

なにせ 最近の金属素材値段の値上げがキツイぐらいですから!!



                              前回の記事へ   次の記事

スポンサーサイト

| ☆徒然・・・・ | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/97-39006195

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。