PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

YMA.jpg

急いで小屋に戻って捜索の準備を始める・・・とりあえず気が付く装備は? でも急がなきゃ。。。

・へッ電 >暗い山中を歩くことは考えてなかったので 明るい物をT嬢に借りる
・高カロリーな食料  ・水   ・衣服(どれだけ衣類を持ってるか判らないので最低限でも)
・Tyvekシート 2枚  ・ポンチョ  ・細引き 

とりあえず急ごう 最悪これだけ有れば山中で1晩過ごせるだろう・・・着替えを始める・・・・

ガラガラ・・・・・ 『すみませ~ん 一晩良いですか?』
もう回りは薄暗いと言うのに野呂川出合いから新たな2名が小屋に到着。。。

ウィルソン君 星さんを食堂に押し込み すっ飛んでゲストの対応に当たる 
『星さん 出てこなくて良いですからね!! 出てこないでくださいよ!』
ほっとくと 説教始める可能性有り と見たのだろう。

星さん『ったく! こんな時間に 危ない!っての』・・・【この件も後で記述するつもりです】


この風景を横目に小屋を出ると、先ほどより強さを増した雨は音を立てて降っていた。

野呂川越までの道は奥多摩などのそれとは違うのでへッ電が無ければ道を見失うほど暗い。

YMA1.jpg
( 写真はイメージです 実際は暗くて撮影できないほどの状況 )

時折大声を出し 先を急ぐ。。。 20分  赤い服がぼんやりと見え1名発見!
道を外さなかったようで小屋に向かってきてくれていた… 良かった

全身ぐっしょりの彼は『すみません 探しに来てくれたんですか??』と声にはまだ元気があるようだ。

しかし もう一名いるはずの女性が見当たらない。 

彼は『 後ろから着てますけど・・・ 』と言うが 見当たらない!!   え~~~!ウソ~~

とりあえず彼に動かないことを約束してもらい、 さらに先に急ぐ・・・・

5~6分ほどで彼女も発見。      『良かった 良かった』

彼らはしきりに恐縮していたが 彼女の疲労は相当のようで倒木を越えるのも一苦労だ。

今 私が言える事は 『大丈夫!大丈夫! すぐ小屋だよ  /   問題ないから 大丈夫!
 / 怪我が無いなら大丈夫!』 の連発だけだろう。

しばらく降りていくと前方でへッ電が光る。  星さんが来てくれた様だ。


  お疲れさま。



:::::::::::::::::::::

 ただいま発売中の 山と渓谷 9月号

 軽量登山用品で FIZAN Trekking Compact FREELIGHT Modle が取り上げられています

 4名さまにはプレゼントも。。。。。 

          900929.png
スポンサーサイト

| ☆山行  | 07:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://obakanahibi.blog31.fc2.com/tb.php/990-59256072

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。