PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

先日から紹介させていただいていた「UL.Manta」。
いよいよ明日、発売となります。

「Manta」はスペイン語で「毛布」の意味。

この製品は私たちが南米で商品テストを繰り返している時に生まれたアイディアを基に、NANGAさんと共同開発したマルチパーパスなダウン毛布です。
suwaru.jpg
「UL.Manta」本体には8か所のボタンフック&ループがあり、肩掛けスタイルで使用しても、フックで止めることで肩からずり落ちることもなく、両手を使って作業ができます。

もちろん腰巻のように体に巻いても留めることも可能です。

このスタイルなら山小屋やテント内だけでなく、登山口に直行する夜行バスの中、エントリーポイントに向かう道中、冷房の効きすぎた夏の電車の中など、いろいろなシーンでお使いいただけるのではないでしょうか?
寝転ぶ
さらに、「UL.Manta」のボタンフックにクッションコードを絡めて、スリーピングマットを抱き込むようにセットすれば、就寝時の、ダウンの上掛けとして使用できます。
この使い方なら上掛けが身体からずり落ちることもないので、夏のシーズンならシュラフの代わりにお使いいただくことも可能です(更なるステップアップも企画中です)


そして一番おすすめな使い方
それはすでに発売中のシュラフ「Wrapta」と「UL.Manta」のコラボ利用です。
寝転がる
1.「UL.Manta」は「Wrapta」と一体化することができます。

「Wrapita」内部には、発売当初から「UL.Manta」とのコラボを想定して、上面左右に8か所のループを付けてありました。
「UL.Manta」が完成したことで、「Wrapta」と一体化するように固定することができます。


2.快適な保温性

「Wrapta+UL.Manta」で、ダウンの総量は500gになります。このダウン500gが身体を包むことにより十分な保温性が発揮されます。
通常では、ダウン量900g程度のダウンシュラフクラスのパフォーマンスが期待できます。※


3.Wrapita 710g+ Manta 335g 合計 1045gと非常に軽量

通常では、ダウン量900g程度のダウンシュラフの場合、その全体重量は1500g以上となってしまいます。
しかし、FREELIGHTが追求した合理的な組み合わせ「Wrapta+UL.Manta」では、
Wrapita 710g、Manta 335gとなり、合計1045gと、非常に軽量に収めることができたのです。

このスタイルによって、他にも多くの優れた特徴を見ることができました。


「Wrapita+UL.Manta」の2重構造によって、生地と生地の間にはデッドエアースペースが生まれ、さらなる保温効果が期待できます

またUL.Mantaは、側面が垂れ下がるようにWraptaにセットされるので、身体側面もダウンがしっかり身体を包み込むます

更にUL.Mantaの足元寸法は余裕を持った設計がされているので、足が冷えるときにはダウンで包み込むように使用することができます。足が熱くなるという時には開けて使用することも可能です

足元だけでなく首元も同様で、Wraptaの首のラインより、UL.Mantaの方を長く設計しているので、 このダウンが首のラインにフィットして冷気の侵入を防ぎます。
もちろんこの部分もフックを外せば開けて使用することもできるのです。


つまり「UL.Manta」の、首元をかける/かけない、足元をかける/かけないと調整することで、好みの保温力を得ることができるということです。

単体でも、「Wrapta」とのセットでも、優れた性能を発揮する「UL.Manta」。

フィールドでの快適な活動、快適な睡眠のために、ぜひご検討ください。



※NANGAさんと協議させていただきましたが、「Wrapta+UL.Manta」の組み合わせでは、構造上、「参考快適使用温度/使用可能限界温度」など、「ヨーロピアン・ノーム(欧州安全規格。シュラフの使用温度基準は“EN13537”を適用する)」では数値化できないとのこと。
あくまで経験上の参考値として、「参考快適使用温度/使用可能限界温度」の目安として、-12℃~/-25℃ と想定しています。

| FREELIGHT | 12:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


FREELIGHTの超軽量ゲーターをご存知ですか?

GT2.jpg
  ( ヒマラヤ アンナプルナBC付近 )

毎年生産数が少なく すぐ売切れてしまうゲーターなのであまりご存じない方も多いかと思いますが・・
このゲーター自信作なんです。

防水除湿スリーレイヤー生地を使ったノンファスナーのロングゲーターの片足重量は50g。

GT_201706061444261a1.jpg
   (ボリビア インカトレイル EL CHORO ジャングル地帯)

くるくるっと丸めてまとめればとっても小さくなります。その反面極薄生地地ではないので生地のコシもあります。
長さは41cmあるのでしっかり足元を水分から守ってくれるのです。

FREELIGHT 例年の海外テストハイクでも必需品で アンナプルナの雪道からパタゴニアの湿地帯
ボリビアのジャングルでも威力を発揮してくれました。

IMG_4943.jpg

使い方
シューズを履く前にゲーターに脚を通し 靴を履いたら付属のDyneemaLineを靴底に通し
ベルクロとホックで固定します。 一度履いたらほとんどの方が履きっ放しにしてしまうゲーターなので
ファスナーが無くても慣れてしまえば簡単です! ぜひ山旅のお供にお持ちください。

今年は GHTメンバーも着用して ネパールの秘境 ドルポを進む予定です!

FREELIGHT Kyahan >> FREELIGHT SHOP  http://freelight.shop-pro.jp/?pid=59743787









| FREELIGHT | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mantaneru.jpg

MANTA >  南米トレッキング中にデザインしていた製品なので 毛布=マンタ(スペイン語)  8か所あるフックボタン+ループが特徴です。

| FREELIGHT | 12:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Manta.gif

FREELIGHTの自信作 期待してください。

| FREELIGHT | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SpinnZack 50tifw / スピンザック50tifw

Team Monsoon  根津氏による SpinnZack50tifwのインプレッションです。

Dai.gif
(根津氏が使用したのはフロントパネルがブラックモデルですが 2.2oz仕様のSpinnZack50tifwとなります)

■インプレッション
昨年秋、1カ月超にわたるグレート・ヒマラヤ・トレイル(GHT)の旅で、スピンザック50tifwを使用してきました。

今回、このザックを選んだ理由は、「軽量」「丈夫」「背負い心地の良さ」の3点です。

GHTは、ヒマラヤの高所登山とは異なるとはいえ、標高5,000mオーバーの氷河地帯もあれば、標高1,000m前後の亜熱帯エリア、さらには砂漠地帯などと、さまざまな地域を歩きます。

そのため、必然的に携行するギアは増えます。できればザックの自重は抑えたいけど、MAXで25kgまでの荷物を背負っても快適でありたい。そう考えたときに、頑丈なフレームを搭載しながらも総重量が約650gしかないスピンザック50tifは魅力的でした。

また、環境変化も激しく、さらにバスやジープ等で手荒に扱われることを考慮すると、丈夫さも不可欠。その点においてもこのザックは優秀でした。縫製ポイントが非常に少なく作られているので、気をつかって扱う必要もありませんでした。

NEZU.jpg
2016年 PCTでもSpinnZack50tifwを根津氏は使用しました。

気になった点としては、本体およびサイドポケットの容量。GHTの旅においては50tifwでは正直足りませんでした(結果、外付けでしのぎました)。また、私の場合、水分補給はハイドレーションではなくボトルを使用しているため、基本サイドポケットから出し入れします。しかし、このザックは細身でサイドポケットの容量が小さいため太いボトルは入れることができませんでした。


FREELIGHTより

根津さん  FREELIGHTのご利用 またインプレありがとうございます。

PCTでは問題なかったようですが やはり荷物をたくさん持つGHTでは小さかったようですね。
現在のFREELIGHTの体制ではやはりこのサイズのバックパックが最大サイズだと思います。
これ以上大きなザックには 新たなフレームが必要だと思いますので 今後はそれに向けて努力していきます!
お会いした時に『 背負いやすかったから もっと大きなザックを作って! 』 はとてもうれしかったです。

サイドポケットですが・・
これは私の好み フィールドではザックのサイドが木々などに引っかかりたくないので
出来るだけ薄く作りたかったためです。
私共が海外ロングトレイルを歩くときは500mlのペットボトルを2本片側にさして歩いているんですよ。

今後これが両立するシステムが上手く出来れば良いと思います。

新発売 >>  spinnZack50tifw フロントパネルも2.2ozになって新登場です!
            http://freelight.shop-pro.jp/?pid=118517303



 根津さん 引き続き FREELIGHT製品の品質向上に協力くださいね!
















| FREELIGHT | 16:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


お待たせしました  Kyahan  / キャハン 復活です。

 今回は素材は1種類 となりますが 3レイヤー新素材の採用で若干ですが軽くなりました。
 
59743787.jpg

 海外の長期山旅などでギアを選ぶ際 軽さとコンパクトが一番の選択基準ですが・・・

 これほどお勧めできるゲーターはないのじゃないでしょうか??

 今まで ネパールのトレイルや ボリビアのジャングルで不自由を感じたことがありません 是非お勧めいたします!

入荷は1週間後!  少々お待ちください。


>>>  http://freelight.shop-pro.jp/?pid=59743787


| FREELIGHT | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GHT.jpg

GHT(グレートヒマラヤトレイル) で使われた M シェルター  
 「 M Trail himaraya 」 の発売が5月10日より発売が開始されます。

よろしくお願いいたします。




Dai1.gif




| FREELIGHT | 14:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

HP_20170404113809016.jpg


FREELIGHTでは2017年度シーズンよりTHERMAREST正規取扱店となりました。

オリジナルシュラフWrapitaにはFREELIGHTオリジナルのSleepingPadと共にNeoAirを使い開発しましたので
相性もGood! 

オリジナル20Dシルナイロンスタッフサックも付属しますのでよろしくお願いいたします!


MC.jpg

>> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=115950251

| FREELIGHT | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT