≫ EDIT

海外から応援メールを送ってくれる人の話。

今日も海外から応援のメールをいただきました。
それがとても申し訳ないお話なんです・・聞いてください。

kako-niHxjHgu0ruKEVol.png

私たちの製品は通信販売と、ときたま開けてる店舗(FREELIGHT BASE SHOP)

そして販売協力をしてくれているお店さんのみで販売しているのですが、
ときおり海外のお客様から購入のご相談を受けます。

私たちは海外発送を行っていないので とお断りするのですが 

「それでも」 というお話になると
私たちが海外に発送できないわけ・・・をお話ししています。


製品に何か不都合があったとき、 製品を修理したいとき、 

私たちは海外に拠点がないのでどうしてもきちんとした対応ができなかったり 

少ないスタッフなので どうしても国内のお客様で手一杯

そのため 出荷するのに時間がかかったり・・お届けできるまで不安だったり・・

と 言い訳になってしまいますが 

やはり 気持ち良いお取引ができないのでお断りしております。


しかし そんなお断りした方から定期的に応援をメールをいただいてしまうのです。

今度の新製品の感想とか 他に同じような製品を探したがFREELIGHTでしか見る事ができない

製品だ とのお褒めの言葉とか・・・本当に申し訳ないです。


いつか いつか 胸を張って 『海外発送をします』 って言える日が来るように

スタッフ皆で頑張ろうと話しています。

| FREELIGHT | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

虫が嫌いなんです。

Kya1.jpg

山が好き 森も好き でも虫は嫌いなんです というお客様。

かくいう私も虫はそれほど好きではない、夜寝ているときに耳元で
飛ばれると眠れないので 虫が多いシーズンはドームテントにしたいが
重いのもやっぱり嫌なので Mシェルターのネットモデルを使います。

しかし私のように暑いから 寒いから 虫が多いから と

いくつものシェルターを使い分ける人はまれで 
お客様に『あれも これも 買ってください!』とはまさか言えない。

KYAA.jpg

そこで とっても 軽い 蚊帳を準備! となりました

蚊帳なのでつよい力もかからないからバイアステープとか使わないで軽く・・・

蚊帳なので ファスナーも使わないで軽く・・・・

蚊帳なので 三角テント型でなく1点吊り下げ式にして軽く・・・

226㎝ × 120㎝  高さ105cm と大きなサイズで195g

これなら使い方次第で SwingTarp でも M シェルターでもつかえます

  

これからが山の季節、 虫が多くなる前に用意を開始!



| FREELIGHT | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イベント決定のお知らせです

7月7・8日(土 日) GHT Project(Team Monsoon) × FREELIGHT の合同イベントが
南アルプス北岳の麓 両股小屋で行われることになりました。

_DSC5030_2018051818433393e.jpg

仔細は追って発表いたします 是非皆様ご参加ください。

協賛 
   両俣小屋  ( NPO両俣竜胆愛好会 )
   the outdoor store nero

≫ Read More

| ☆徒然・・・・ | 18:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BON0

こんにちは FREELIGHTスタッフ NATSUです
知っていますか?ボンビージャって??

南米のお茶 マテ茶を飲むときに使うフェイルタ-付きストローなんですけど 
これがロングトレイルを歩くとき とても便利なんです。

皆さんお茶を飲むときティーバックを使われていると思いますがボンビージャなら飲みたい量だけ茶葉をカップに注げばOKなので持ち歩く茶葉量も減らせてGOOD!
BON_20180517134712ea6.jpg
私も南米で出会ってから山歩きではいつも持ち歩いているんですよ

そして今回このボンビージャをFREELIGHTでも取り扱うことになったのです!

もちろん山でも携行しやすい小型のタイプで 重さも7gと軽量、

皆さんも使ってみてくださいね!

FREELIGHT SHOP >> http://freelight.shop-pro.jp/?pid=131570608

| FREELIGHT | 13:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Y1.jpg

ハイキングイベント「GHT DAYS in 丹沢」
GHT ProjyectのTeam Monsoon 主催のハイキングイベントにFREELIGHTも参加させていただきました。

Y2.jpg

Y3.jpg

Y4.jpg

ガイド 根本さんのお話を聞きながら歩き 夕食は皆さんで ダルバート作り
翌日は 農業体験と 皆さんと一緒に楽しい時間を過ごすことができました。





| ☆徒然・・・・ | 11:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パキスタンのトレイル 続き 3- 4

いろんなことがあって やっとヒマラヤ山脈の端 ナンガパルパットのサークルトレイルに突入。

NP0.jpg

GHT Projectの皆があと数年歩いてネパールを歩ききったら?? 
次はインドで、そしてパキスタンとヒマラヤ山脈を歩くのかな??  

などと考えてヒマラヤ山脈の一番端っこを見ようとナンガまで来ましたが、
ここに到達するまでいろんなことがあり 
スタート地点に立ってもまだまだ普通には歩けませんでした。
その一つが3名のお供?

NP1.jpg
村人は今晩のおかずを持っていくそうです

小屋まで行く村人と ガイド?そして護衛の警官 

NP2.jpg
 カメラを向けるとしっかりポーズを取るパキスタン人

彼 集落出身の警察官で元軍人  小屋があるところまで彼が護衛となるそうです。
まるでタリバン兵みたいですが 足腰は強くAK-47を担いでスタスタと歩きます。
検問を突破するため呼び寄せたガイドさんは それに反して ハアハア。。とついてきます。

こんな山奥で護衛?? と思ったのでいろいろ聞いてみたのですが 
彼曰く「特に危ない事はないよ ただ最近ユキヒョウが集落の家畜を襲うことが多いから
念をいれて護衛についていくんだよ。 まあユキヒョウは人を襲わないけどね」と。

護衛はこの先の小屋まで とのことなので、実際は彼の持ち場での事故は困る 特に警察と揉めて
から山に入ったので余計念には念を入れて護衛として同行してくれるようだった。

NP4.jpg

ロバ(ラバ)を連れて山から下りていく人  

NP5.jpg

学校帰りの子供 山奥の学校の生徒で 数名の子供がいるようだった
 (言葉が通じないので 細かい話ができなかった)


続く

| ☆徒然・・・・ | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


皆様に山で使っていただくものだからこそ、本当に使えるものを。

FREELIGHTで製造している製品は、全てスタッフやテスターのガイドさんたちが
使ってたしかめたものばかり。

皆様には使うたびに少しづつ増えていってほしいのが、「細かなこだわり発見」

大手メーカーのものにはなかなかないけど、こんなものがあったら便利なのに、

もう少しこうだったら使いやすいのに、楽に歩けるのに、ずっと大事にしたいのに。

そんなアイディアを協力してくれる工場の方々とつくっています。


GHT Project での挑戦

このプロジェクトへの参加、実は壮大なFREELIGHTの挑戦の一つです。

こんなに軽量なものが きびしいヒマラヤ山脈で使われ、そして皆の笑顔とともにぶじ帰ってくる

きちんと縫製した質の良いもの、軽くても丈夫で長持ちするもの、

もしもの時にでもちゃんと使えるもの、

みなさんの生涯の愛用品となるような品を作っていきたいと思います。

M_20180421104907525.jpg
標高5000mあたりでみんなを守ってくれたシェルター

M01.jpg
翌日はみんな元気に出発です!

| FREELIGHT | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パキスタンのトレイル 続き 3-3

何とか警察の許可を取りガイド同行となって山に向かう事になったのだが 
今度は車を乗り換える必要が出てきた。

山へ通じる道は山中にある 集落独自の道で そこを通るには
彼らのジープでなくては通れない, つまり通行料をジープTAXIの費用にしている

と言うことだった。

F10.jpg

費用は往復8000円強 時間は片道1時間20~30分 パキスタンではとても高額な金額。
(イスラマバード > フンザ  14時間ほどがバスだと  2000円強)

とはいえ・・ ここを通らなくては山に向かえないので選択の余地はないのだが 
ここが間違いなく今までの旅で一番怖い 恐怖の山道だった。

山道は崖の中腹に切ったジープ一台分の岩だらけの道。
カーブを曲がるとき一度に曲がれず切り替えしながら車の向きを変えるのだが
ジープの後部 タイヤから後ろは崖の上に飛び出すほど狭い。
ボリビア  ユンガス(別名デスロード)より間違いなく危険なのは間違いない。
ユンガスはトラックも通れる断崖道だったが ここはジープ一台がやっと。 

落ちたら死ぬかも?? というものではなく 間違いなく死ぬ
もちろん街からのTAXIではここに入れないと 走り出して10分で気が付いた。

写真や動画を撮りたかったが もう心臓がバクバク言って最初のころは撮れたものではなかったので
krattee さんの動画をYoutubeより張らせていただきます


カメラを通すと怖さは半減しますが2分過ぎから さらに道は狭まり本番が始まります 
今見ても思い出して怖いですね。

FMM.jpg
 
1時間を超える恐怖のアトラクションで疲れ切って到着した終点
ここからハイクは始まる、 右手後方が村。 


続く。。


| ☆徒然・・・・ | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT