FC2ブログ

≫ EDIT

ニューモデル S35wの発売です!

35WNARABI.jpg


>>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=133252706

S35NWWW.jpg

S25NSW.jpg

S35WB.jpg

| ☆徒然・・・・ | 14:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SpinnZack35シリーズ発売から8年 
その使いやすさと丈夫さはそのままに SpinnZackはNewモデルに生まれ変わります
まずは 女性や小柄の方向けのモデル S35Dsの発売です。

35NARABI0.jpg

今まで交換式だったショルダーベルトは縫い込み式に

35DSS11.jpg

    勿論 ハイドレーションホール等 その他の装備はそのままです

          35HOL.jpg

35DSSW1.jpg
35DS01G.jpg

FREELIGH S35Ds よろしくお願いいたします
    >>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=117704032





| FREELIGHT | 18:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ZCB.jpg

SpinnZackに似合うザックカバーはないんですか?
と聞かれるようになってから早6年
『それでは作ろう』と準備を始めてからもう1年。

なんでこんなに簡単な物が?とも思われると思いますが、
サンプルはできても簡単に量産はできませんでした。
FREELIGHTらしく 最軽量のザックカバーをシルナイロンで作る
皆様に使っていただくには価格はできるだけ抑えたい。
縫製に使うミシンのパーツも作らなくてはいけない。

そんな事情で今になってしまいましたが

2サイズのザックカバーを発売します

 UL zackcover Grand / ザックカバーグランデ
 >>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=133077478

 UL zackcover / ザックカバー
 >>http://freelight.shop-pro.jp/?pid=133079082

サイズ調整用のアジャストパーツでジャストフィットで
お使いいただけます。

| FREELIGHT | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新製品 発売前の最終チェックに 深南へ

BIG.jpg
                            ↑ 新製品の BIG Tarp 

山用品屋なのだから山に行こうと とりあえず車に乗り、やっぱり深南だろうと浜北ICに向かう

ここ最近 南アルプス北部ではなく南部ばかり   深南のどこがいいの? と言われても 

ヒルが多い ダニも多い 道も険しいし 下手するとその道もない・・・

BIG2.jpg

しかし自然は素晴らしいし 険しい自然の中だから 製品のチェックにはもってこいの場所

ガツガツ使って壊れないのが私たちの求める製品だから。

BIG4.jpg

今回は関係者5名が SpinnZack50 に35にと・・・荷物を詰め込んで ズカズカ歩いてきました。

BIG0.jpg

BIG5.jpg

勿論最近発売のKayaのチェックも怠りません。 
未使用の4名が虫にやられていましたがKayaを使った私はぐっすり!

楽し過ぎて何だか遊び過ぎた気がしましたが たまには事務仕事を忘れ
遊ばないと いや 製品のフィールドチェックをしないといけないですね。




| FREELIGHT | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【キャンプイベント開催決定 | 南アルプス MOUNTAIN LIFE 】
_DSC5030_2018051818433393e.jpg
 
予告していました7/7(土)・8(日)のイベント詳細が決まりましたので、告知します。同時に、応募受付もスタートです。
 
今回のイベントは、FREELIGHTとTeam Monsoon『GHT Project』が 両俣小屋( NPO両俣竜胆愛好会 )と the outdoor store nero の協力を得て開催いたします。

GHTの旅のスタイルを一緒に楽しんでいただくだけではなく、FREELIGHTのシェルターやバックパックのハウツーから体験(レンタル宿泊※)まで、盛りだくさんのコンテンツとなっています。
 
場所は、南アルプス北岳の麓、標高約2,000mのところにある『両俣小屋』。
 
初夏の南アルプスで、私たちと一緒に、1泊2日の山の暮らし『MOUNTAIN LIFE』を満喫しませんか?
 
❇︎❇︎❇︎
 
【DAY1(7/7 sat)】 ネパール食探訪 & ヒマラヤのトレイルトーク
▼ 15:00 各自、両俣小屋に集合。※1
  FREELIGHTの新商品などを紹介体験いただけます。
  そのほかの企画も計画中です。
▼ 17:00 ネパール食探訪1。ヒマラヤのごはんを食す! GHTメンバーがヒマラヤの旅で作って食べまくっていたダルバート(ネパールの国民食)をみんなで作ります。そうです、宴会からのスタートです。
▼ 18:30-20:00 GHT Projectのトーク & スライドショー
▼ 20:00 懇親会
 
【DAY2(7/8 sun)】 南アルプス・デイハイキング
▼ 5:30 ネパール食探訪2。ヒマラヤの麺を食す!
※自炊していただいても結構です。
▼ 6:00 ハイキングスタート
▼ 9:00 仙塩尾根の独標(標高2,499m)でランチ&コーヒー
▼ 11:00 小屋に帰着後、解散
 
❇︎❇︎❇︎
 
【参加費(現地支払)】 8,000円(夕食・朝食付き。テント場代含む)
※基本的にテント泊ですが、小屋泊をご希望の方は別途4,000円(素泊まり)がかかります。
 
【定員】 12名
 
【申し込み方法】 http://ghtproject.com/mountain-life-2
 または FREELIGHTにご連絡ください。

※お申し込みいただいた方には、追ってイベントおよび
 スケジュールの詳細情報をお送りいたします。
※1 アクセス方法はご相談ください。

【協賛】 
 両俣小屋  ( NPO両俣竜胆愛好会 )
 the outdoor store nero

| FREELIGHT | 17:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT


なかなかうまくいかない製造

PPPのコピー

先日 特許でびくびくした というお話はしましたが
今度は製造がなかなかうまくいきません・・・。

このお話 日本の金属加工会社さんとのお仕事

世界広しといえどもこの加工ができる会社は数件の技術という
特殊な加工が必要となるのですが、この加工がうまくいかないのです。

『過去何度もやってきたはずなのに なんでか上手くいかない』 と言葉が詰まる工場の専務さん。

私たちはもちろん初心者、加工技術に口をはさむ余地もなく
ただうなずくだけ・・・

去年秋から取り組んできたこの挑戦
はたしていつ形になるか?

そしてこの製品はみなさんに受け入れていただけるだろうか??

不安な気持ちは まだまだ続きそうです,,,,,


| FREELIGHT | 08:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

職人さんのお話

SHOKU.jpg

先日は久しぶりに下町のとある縫製職人さんのところ立ち寄りました

ここはミシン一台 ご夫婦お二人でFREELIGHTの製品を作って頂いています

FREELIGHTの布もの製品製造数は通常50個程度 多くても100個です

となると このような街の職人さんのお世話になることが多く
いろいろなお話をお聞きして 製品設計にその経験をフィールドバックしています。

技術は進歩しているのだから・・・ と思われるかもしれませんが
彼らの知識や経験は何ものにも代えがたい価値があります

『昔のものは素材自体が弱く 設計によって強度を出していたが
最近は 設計より生地の強さに頼って・・・・ 』

とのお話は私たちも心にきちんと刻まないといけないお話。

温故知新 今のモノづくりで一番足りない言葉かもしれません。



| ☆徒然・・・・ | 13:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

海外から応援メールを送ってくれる人の話。

今日も海外から応援のメールをいただきました。
それがとても申し訳ないお話なんです・・聞いてください。

kako-niHxjHgu0ruKEVol.png

私たちの製品は通信販売と、ときたま開けてる店舗(FREELIGHT BASE SHOP)

そして販売協力をしてくれているお店さんのみで販売しているのですが、
ときおり海外のお客様から購入のご相談を受けます。

私たちは海外発送を行っていないので とお断りするのですが 

「それでも」 というお話になると
私たちが海外に発送できないわけ・・・をお話ししています。


製品に何か不都合があったとき、 製品を修理したいとき、 

私たちは海外に拠点がないのでどうしてもきちんとした対応ができなかったり 

少ないスタッフなので どうしても国内のお客様で手一杯

そのため 出荷するのに時間がかかったり・・お届けできるまで不安だったり・・

と 言い訳になってしまいますが 

やはり 気持ち良いお取引ができないのでお断りしております。


しかし そんなお断りした方から定期的に応援をメールをいただいてしまうのです。

今度の新製品の感想とか 他に同じような製品を探したがFREELIGHTでしか見る事ができない

製品だ とのお褒めの言葉とか・・・本当に申し訳ないです。


いつか いつか 胸を張って 『海外発送をします』 って言える日が来るように

スタッフ皆で頑張ろうと話しています。

| FREELIGHT | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT